Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

flumpool、5月に新シングル発売 初回限定盤には山村隆太復活までのドキュメンタリー映像を収録

リアルサウンド

19/3/1(金) 13:43

 flumpoolが、5月22日に新シングルをリリースする。

(関連:flumpoolは『Re:image』ツアーで何を伝えようとしていた? 活動休止前公演から考える

 新シングルは、4曲入りとなる予定とのこと。初回限定盤DVDには、山村隆太(Vo)の復活までのドキュメンタリー映像が収録される。ここでしか見ることができないflumpool活動休止から再始動までの舞台裏に迫っているという。

 また、ファンクラブツアーが2月28日東京・Zepp Tokyoよりスタートした。同ツアーは3月30日のZepp Nagoya公演まで続き、再始動の報告をバンド自ら全国のファンに届けていくとのこと。さらに、5月からスタートする全国各地をまわるツアーのタイトルが、『flumpool 9th tour「⌘⇧Z(Command Shift Z)」』に決定した。メンバーから、同ツアータイトルと全国ツアーに関する第一弾コメントも寄せられている。

flumpool、全国ツアータイトルのコメント
ツアータイトル「⌘⇧Z(Command Shift Z)」とは、flumpool曲作りにおいて馴染みのある楽曲制作ソフト、その中で僕らがしばしば使用するショートカットキーの表記です。
(調べたところ正式な表記としては「shift + command + Z」であったりメーカーによってはキーの呼び名も違うなどの問題点もあったのですが、普段自分たちが使う呼称、メンバーの共通言語として、あえてこの表記にしています。)

⌘Zが「undo(元に戻す)」のショートカットであるのに対して、⌘⇧Zは「redo(再びする)」を意味します。
要は、進行中のプロジェクトにおいて、1つ戻るコマンド(⌘Z)と、戻った地点から再度進むコマンド(⌘⇧Z)ということになるのです。

デビューしてから10年の活動の上で度々⌘Z(1つ戻る)を選択してきたflumpool。

正直なところ、1つ戻るたびやはり分岐点めいたものを感じる事もあり、新しい選択肢が見え隠れするものですが、それでも尚、それまでいた場所を再度見据えredoするという決断には「ただ進む」以上の“エネルギー”やら“光”といった類いの、なにか前向きなものが溢れていることは紛れも無い事実です。

今回ありがたい事に復帰後初の全国ホールツアーを開催できることになり、ツアータイトルを決めるにあたり、メンバー一同悩み抜いた結果、この一見無機質な記号のようなタイトルに今の想いを託す事になりました。

音楽という僕らの共通言語の中に、秘めたる現在のflumpoolの熱量を、是非とも直接肌で感じてもらえれば幸いです。
ツアーでお待ちしております。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える