Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「第2回東京国際ろう映画祭」イメージ画像

ろうにまつわる作品上映する映画祭開催、大杉漣の主演作「教誨師」など31本

ナタリー

19/5/7(火) 13:48

第2回東京国際ろう映画祭が、5月31日から6月3日にかけて東京・ユーロライブにて開催される。

ろう者のディレクターが作品選定を担当する本映画祭。今年は「可能性」をテーマに掲げ、世界中のろうにまつわる作品31本を上映する。ラインナップには、ろうの日本人舞踏家とインドの盲目のろうそく職人がともに旅をするロードムービー「TOTA」、LGBTラブコメディ「リバース・ポラリティ」、6人の耳が聞こえないアスリートの人生を追ったドキュメンタリー「勝利のボイス」などが並ぶ。さらに特別上映企画として、大杉漣最初のプロデュース作にして最後の主演作「教誨師」を日本語バリアフリー字幕付きで日本初上映する。

会期中は上映作品の監督やキャストのほか、海外ろう映画祭のディレクターやスタッフが来日し、舞台挨拶やシンポジウムに登壇。各イベントでは日本手話通訳のほかにも、アメリカ手話・国際手話通訳、音声認識アプリUDトークによる日英リアルタイム字幕表示を行う。本映画祭初の音声ガイド付き上映や手話弁士が登壇する上映も。詳細は映画祭の公式サイトを確認してほしい。

第2回東京国際ろう映画祭

2019年5月31日(金)~6月3日(月)東京都 ユーロライブほか
<上映作品>
「手話時代」
「TOTA」
「聴説」
「音のない世界で ―Sound and Fury―」
「音のない世界で ―6年後―」
「楽しき日曜日」
「勝利のボイス」
「リバース・ポラリティ」※R18+指定作品
「教誨師」ほか

アプリで読む