Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

永久凍土から太古のロマンが蘇る最大規模のマンモス展

ぴあ

19/6/7(金) 0:00

6月7日より日本科学未来館では企画展「マンモス展」─その「生命」は蘇るのか─が開催される。

2005年、「愛・地球博」で700万人が熱狂した「ユカギルマンモス」をはじめ、近年ロシアのサハ共和国の永久凍土から発掘された、数々の貴重な古生物の冷凍標本を世界で初めて紹介する、史上最大規模の「マンモス展」となっている。
また、これらの展示に加え現代の永久凍土における発掘現場の最前線や、近畿大学が冷凍標本から得られた組織を使って、マンモスの全貌解明に挑む「マンモス復活プロジェクト」を通し、最先端生命科学のありかたについて考える展示会。

その他にも世界初公開される冷凍標本の展示として、2013年に完全な形で発掘された「ケナガマンモスの鼻」、2018年に本展の調査隊が発見した「ケナガマンモスの皮膚」、古代生物学史上初となる「液体の血液と尿」が採取された「古代仔ウマ」の完全体など、貴重な冷凍標本を見ることができる。

興行情報

企画展「マンモス展」

2019年6月7日(金)~11月4日(月)東京都日本科学未来館
※福岡・名古屋・大阪に巡回予定

アプリで読む