Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

伊勢谷友介、麻生久美子、島崎遥香、成田凌、間宮祥太朗ら、二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』出演

リアルサウンド

18/10/16(火) 5:00

 二階堂ふみとGACKTがW主演を務める2019年2月22日公開の『翔んで埼玉』の追加キャストとして、伊勢谷友介、京本政樹、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌、間宮祥太朗らの出演が発表された。

参考:二階堂ふみとGACKTが埼玉県民に向け謝罪 映画『翔んで埼玉』特報映像&ティザービジュアル公開

 原作の魔夜が作品発表当時、埼玉県所沢市に住んでいたことから“埼玉”を題材に作品を執筆していたものの、途中で魔夜自身が他県へ引っ越すことになってしまい、それ以上書くと「悪口になってしまう」と判断したことを理由に、突然終了してしまった未完成の物語となる本作。映画化にあたって、制作陣は最大限のリスペクトをもって、原作の舞台や設定を活かし、2年生ながらも、東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務めている壇ノ浦百美や、アメリカ帰りの白鵬堂学院3年A組の転入生麗が活躍する【伝説パート】と、埼玉県在住のある家族を通して、その伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識する【現代パート】の2部構成となる。二階堂が初の男性役で壇ノ浦百美を演じ、GACKTが高校生の麻実麗役を務める。

 今回出演が発表されたのは、伊勢谷、京本、ブラザートム、麻生、島崎、成田、間宮のほか、益若つばさ、武田久美子、麿赤兒、竹中直人、中尾彬の総勢12名。

 【伝説パート】には、百美の父親である東京都知事・壇ノ浦建造の執事・阿久津翔役で伊勢谷、埼玉県人でありながら、東京を歩いても誰からも疑われずに、むしろ山手に住む金持ちにも間違えられる、伝説の埼玉県人・玉デューク役で京本、現東京都知事で百美の父・壇ノ浦建造役で中尾、現東京都知事・建造の妻で百美の母・壇ノ浦恵子役で武田、麗の父親・西園寺宗十郎役で麿、現職の神奈川県知事役で竹中、麗のお手伝いさん・おかよ役で益若、埼玉県人の青年役で間宮、白鵬堂学院の3年生・下川信男役で加藤諒が出演。

 一方、【現代パート】に出演するブラザートム、麻生、島崎、成田は、それぞれの出身県に合わせた設定に。ブラザートムは埼玉県熊谷市在住の菅原家の父・菅原好海、麻生は千葉県出身で今は埼玉県に嫁いでいる菅原家の母・菅原真紀 、島崎は埼玉出身の菅原家の娘・菅原愛海、成田は埼玉(浦和)出身の愛海の婚約者・五十嵐春翔にそれぞれ扮する。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play