Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

汚い手段も厭わない 『QUEEN』白石聖らゲストに暴いた“スポーツ界のスキャンダル”

リアルサウンド

19/1/25(金) 10:00

 初めて殺人事件が描かれた『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)第3話。ゲストに白石聖、石田ニコルが登場しセンセーショナルなスポーツ界の裏側が暴かれた。第1話から2話は人の死が絡まない事件だったが、第3話では犯人探しが肝となる殺人事件がテーマとなった。

【写真】相性抜群の氷見(竹内結子)&与田(水川あさみ)コンビ

 氷見(竹内結子)らはフィギュアスケーターの相馬紀子(白石聖)の婚約者が殺害された殺人事件の犯人探しと平行して、依頼人である紀子の真の目的を探り当てるのであった。母との関係に不和があることから逃げていた紀子にそっと寄り添う氷見。本当に紀子が救われる方法は、母の呪縛から逃れ幸せになることだと助言する。それを機に、紀子は自身が行った審査員との枕営業について会見を開き謝罪するのであった。殺人事件の犯人は紀子のコーチであり、裏で画策された事件だと発覚する。その一方、第1話から続く東堂(泉里香)の件が大きく動き出す。東堂は鈴木法律事務所のメンバーに、政界の大物議員の息子が起こしたセクハラ問題を公表しないと約束したにも関わらず、公表すると言い出したのだ。

 第3話では問題が山積みとなり、珍しく煮詰まる鈴木法律事務所の面々。しかしどんな手を使ってでも解決の糸口を見つけ出すのもまた、彼女たちの仕事である。枕営業まがいのこと、警察からの情報収集、世論を味方につけるためのSNS戦略と手を替え品を替え解決に向けて動き出す。氷見らの手段を選ばない解決方法は、手段を選ばない依頼者たちの立場を想起させる。クリーンな仕事だけでは手に負えない案件を氷見たちは抱えているのた。弁護士というと正義のために真実を探し出し、クリーンな仕事ぶりを連想させるが、本作が改めて異色の弁護士を描いていることがわかる。汚い事件には汚い方法で情報を集めることも厭わない。

 今回はスポーツ界のスキャンダルを描かれたのが新鮮だった。相馬役に白石聖、紀子のライバルである青山リナに石田ニコルが起用。白石は金メダリストでありながら、心が弱く逃げ腰になりがちな繊細な役を演じる。2018年秋ドラマの『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ系)ではヒロインに抜擢された白石。その透明感でもって、今回“氷上のQUEEN”に相応しい可憐な様子を見せた。一方、青山リナを演じた石田はモデルとしてのキャリアが強みだ。華やかな見た目と、白石とは対照的なエネルギッシュな瞳がライバルとしての存在感を強める。美人すぎるが故に、「悪女」の立ち位置にされてしまうことも多く、今回も紀子の婚約者の浮気相手という複雑な役を演じた。メダル争いをかけた戦いに絡む殺人事件というあまりに非日常的なシチュエーションでありながらも2人は堂々とした演技を披露した。

 今回も鮮やかな手口で全てを円満に解決する氷見たち。少しずつ紐解かれる鈴木法律事務所のメンバーのプライベートもまた、見どころのひとつとなって作品を盛り上げる。東堂がこれからどう関わってくるのかも気になる第3話であった。

(Nana Numoto)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える