Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

KERA CROSS 第1弾「フローズン・ビーチ」チラシ

「KERA CROSS」第1弾は鈴木裕美演出「フローズン・ビーチ」出演に鈴木杏ほか

ナタリー

19/1/29(火) 6:00

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)の戯曲を東京・シアタークリエで連続上演するシリーズ「KERA CROSS」の第1弾が、鈴木裕美演出による「フローズン・ビーチ」に決定した。

「フローズン・ビーチ」は、ナイロン100℃がKERAの作・演出で1998年に初演し、99年には第43回岸田國士戯曲賞を受賞した作品。劇中では4人の女優によるミステリーコメディが展開する。今回の上演版には出演者に鈴木杏、初舞台のブルゾンちえみ、朝倉あき、シルビア・グラブが名を連ねた。

上演に際しKERAは、演出の鈴木について「堅実な演出をされる方だと思います。僕も、あまりそうは思われてないかもしれませんが、実は常に、古典的と言っても良いようなスタンダードな演出を心掛けているつもりなので、そういう意味では同じ様な所にいる演出家さんだと思います。とは言え、女性ばかりの芝居を女性が演出するとまた色々と僕にはわからない女性像が見えてくるんじゃないでしょうか」と期待を寄せ、キャストには「もう劇団公演からはかなり時が経っていますので、初演時のことなどまったく気にせず、今の目で、今の感覚で読んで、今の体でそれぞれの登場人物を演じて頂けたら」とエールを送る。

鈴木はKERAから「好きにして。なんなら作家を入れて書き直してもいいけど、その時は才能ある人に頼んでね」と言われていることを明かしつつ、「私は戯曲を自分の世界に引っ張り込むより、その作家の世界に旅に行く方が好きなので、基本、まんまやるつもりです。そして、KERA作品の1つの大きな特性であると思っている、“ファンタジーとリアルの奇妙で絶妙なバランス”に、私なりの美しさ、面白さが発見できればと思っています」と意気込みを語った。

上演は7月12日から14日の神奈川公演を皮切りに、7月31日から8月11日まで東京・シアタークリエ、8月16日から18日まで大阪・サンケイホールブリーゼ、8月23日に愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールにて行われ、このほかにも各地での公演が予定されている。東京公演チケットの一般販売は、5月18日にスタート。

KERA CROSS 第1弾「フローズン・ビーチ」

2019年7月12日(金)~14日(日)予定
神奈川県

2019年7月31日(水)~8月11日(日・祝)
東京都 シアタークリエ

2019年8月16日(金)~18日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2019年8月23日(金)
愛知県 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

ほか

作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出:鈴木裕美
出演:鈴木杏、ブルゾンちえみ、朝倉あき、シルビア・グラブ

アプリで読む