Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

BiSH、ジャニーズWEST、祭nine.、ラストアイドル……グループのコンセプトに則った新作

リアルサウンド

18/12/4(火) 8:00

 “テレビ番組”をテーマにしたジャニーズWESTのニューアルバム、幕張メッセ公演を目前にしたBiSHの刺激的なニューシングルなど、アイドル、ダンスボーカルグループなどの新作を紹介。グループ全体のコンセプトに則した楽曲制作、メンバーの個性が感じられるボーカルを体感できる、優れた作品が目白押しです!

(関連:ジャニーズWEST「スタートダッシュ!」の清々しさ 虹色のようにカラフルなメンバー個性から探る

 シングル曲「僕ら今日も生きている」「考えるな、燃えろ!!」「プリンシパルの君へ」「ドラゴンドッグ」「スタートダッシュ!」を含む、ジャニーズWESTのニューアルバムのコンセプトは、『WESTV!』というタイトル通り、“テレビ番組”。視聴者(リスナー)参加型のパーティーチューン、恋愛ドラマの主題歌のような感涙のラブバラード、インタールード的に挿入される「WESTV!ショッピング!」などを通し、メンバー個々のキャラクターと芸達者ぶりがたっぷり感じられる構成になっている。高速の4つ打ちとヘビィメタル系のギターがひとつになった「愛の奴隷」、ネオディスコ的なサウンドを取り入れた歌謡ナンバー「Drift!!」など、音楽的ハイブリッド感も本作のおもしろさだろう。

 この夏は『SUMMER SONIC』『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』などの大型フェスに数多く出演し、コアファン以外のリスナーにも強くアピール。秋にはソロ活動を行い、現在は全国ホールツアーの真っ最中。さらに初の幕張メッセ公演も控えているBiSHのニューシングル『stereo future』は、緊張感に溢れたストリングスから始まるエモロックナンバー。スリリングな危うさを感じさせる旋律、ラウドに突っ走るバンドサウンドとともに放たれる〈動き出す でもやり抜けるか/わからないから/痛み感じるままで〉というラインは、BiSHの在り方とリアルに直結している。カップリングには、爆音メタルチューン「S・H・i・T」を収録。アユニ・Dの手による、BiSHそのものをモチーフにした歌詞も強く心に残る。

 EXILEの世界と佐藤大樹がリーダーをつとめるFANTASTICS from EXILE TRIBEがついにメジャーデビュー。EXPG STUDIO(LDHが運営するダンススタジオ)出身ののパフォーマーと、『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 5 ~夢を持った若者達へ~』を勝ち抜いた八木勇征、中島颯太によるこのグループは、EXILE、三代目J Soul Brothersから続くLDHのメソッドをさらにアップデートさせたグループと言えるだろう。デビュー曲であるシングル表題曲「OVER DRIVE」はデビュー前のライブ『夢者修行 FANTASTIC9』でもパフォーマンスされていたナンバー。圧倒的なスピード感に溢れたトラック、〈この旅の先に待つ約束を叶えに行こう〉というラインが9人の新たなスタートを力強く祝福している。

 アクロバティック&アグレッシブなパフォーマンス、和の要素を取り入れたアッパーチューンで加速度的にファンを拡大。今年3月にリリースされた2ndシングル『HARE晴れカーニバル』でオリコン週間CDシングルランキング1位(2018年4月2日付)を獲得するなど、“BOYS AND MENの弟分”という説明が必要ないほどの活躍を見せている7人組エンターテイメント集団・祭nine.のニューシングル表題曲「がってん Shake!」は、和太鼓の響きを活かしたお囃子的トラック、ハッピーで解放的な和メロ、〈みんなで ひとつの“和”になろう〉〈人生祭りだよ〉という歌詞でブチ上がるお祭りソングである。〈てんてんがってんてん!〉を連呼する合いの手を含め、ライブでの盛り上がりが手に取るようにイメージできるアレンジも見事。

 アイドルオーディション番組『ラストアイドル』(テレビ朝日系)3rdシーズンの“2期生の入れ替えバトル”によって選出されたラストアイドル2期生デビューシングルがリリースされる。表題曲「愛しか武器がない」は、苛酷な現実を直視しながら、〈どこかに友がいる/どこかに日は昇る/後に続いてくれ!〉という強いメッセージを放つアッパーチューン。きらびやかなダンスミュージック、エッジを効かせまくったギターサウンドを融合させたトラック、歌詞のインパクトを増幅させるメロディ、一つひとつの言葉に濃密な思いを込めたボーカルがぶつかり合いながら、リスナーに心地いいカタルシスを与えてくれる。

■森朋之
音楽ライター。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』『Mikiki』など。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play