Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

《ひと》 2012年 ギャラリー小柳、東京 撮影:木奥惠三

国内4年ぶりにして過去最大規模! 内藤礼の個展、水戸芸術館にて7月28日(土)より

ぴあ

18/7/19(木) 8:00

現代美術家・内藤礼の個展『内藤 礼—明るい地上には あなたの姿が見える』が、7月28日(土)から10月8日(月・祝)まで、茨城・水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催。国内においては2014年以来、かつ過去最大規模の個展となる。

「地上に存在することは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに制作する現代美術家・内藤礼。光、空気、風、水といった自然と、それらがもたらす色彩や音を受け取る私たちが呼応する独特の空間を作るインスタレーションで、国内外より高い評価を集めている。

1985年に武蔵野美術大学を卒業後、1991 年に佐賀町エキジビット・スペースで発表した「地上にひとつの場所を」で注目を集め、1997年には第47 回ベネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館にて同作品を展示。きんざ《このことを》(直島、2001 年)、《母型》(豊島美術館、2010 年)といった自然や建築空間と呼応するパーマネント作品を手がけた他、フランクフルトのカルメル会修道院(1997 年)や東京都庭園美術館(2014 年)といった歴史的な場所で展示を行ってきた。

新作を中心とした同展は、水戸芸術館のギャラリー全8 室が絵画や彫刻といったさまざまなメディアで構成され、全体でひとつの作品として立ち上がる。全て自然光のみでの展示となり、一日を通して移り変わる豊かな自然光のもと、光と生命と芸術がけっして分別されえない「地上の生の光景」を見つめる空間が生み出される。

刻々と移り変わる自然光の中、内藤の作品を通して 立ち現れる世界を、そしてあなた自身の姿をぜひ見届けてほしい。

【開催情報】

『内藤 礼—明るい地上には あなたの姿が見える』

7月28日(土)〜10月8日(月・祝)水戸芸術館現代美術ギャラリーにて開催

【関連リンク】

水戸芸術館

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play