Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ダブルでワクワク!さぁ!集まれダブダブ!」の様子。(撮影:小坂茂雄)

さくらしめじ×コレサワ、念願ツーマンで生コラボレーション

ナタリー

19/2/16(土) 22:00

さくらしめじの主催イベント「ダブルでワクワク!さぁ!集まれダブダブ!」の初日公演が、昨日2月15日に東京・WWWにて行われた。

WWWにて3カ月連続で開催される今回のイベント。初日はメンバーの田中雅功が中学時代からのファンで、さくらしめじの最新作「うたはつづくよどこまでも」にも楽曲を提供したコレサワを迎えてのツーマンライブが行われた。

オープニングでは高田彪我と雅功がコレサワのマスコットキャラクター・れ子ちゃんが描かれたTシャツ姿でステージに登場し、「まさか一緒にライブをやれる日が来るなんて!」と喜びながらのトークを繰り広げた。その後バンドメンバーと共にステージに現れたコレサワは「君とぬいぐるみ」でライブをスタートさせ、続く「バックアップ」ではフロアに手拍子を起こす。MCではリハーサルの合間にさくらしめじの2人と一緒に昼食をとったと明かし「2人は高校生だから、私とは年がずいぶん離れてるので『高校では何が流行ってんの?』とか聞いたりしました」と語る。結局共通の話題はなかったというが、コレサワは「彪我くんが『シーザーサラダはシー(海)がザーってしたってことで海のサラダだと思ってた』って話を聞いて『バカだな(笑)』って思いました。でも、かわいいね」というエピソードを披露してきのこりあん(さくらしめじファンの呼称)を沸かせた。

その後も「お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな」「最終電車」「死ぬこと以外かすり傷」といった楽曲を次々と披露していったコレサワ。バンドメンバーがいったんステージを降りたあと、「今日はさくらしめじと初の対バンなので、しめじちゃんの曲を1曲。私が歌っても似合う恋愛系の曲を選びました」と話した彼女はさくらしめじの「きみでした」を1人で歌い、会場を酔わせた。最後は再びバンドメンバーと共に「SSW」を熱唱し、さくらしめじへとバトンをつないだ。

続くさくらしめじは最初に、ライブではひさびさの披露となる「またたび」を演奏して一気に2人の世界へと観客を引き込んだ。「えそらごと」では雅功がお立ち台に乗ってきのこりあんを盛り上げ、彪我は、「楽しんでいきましょう!」とフロアに声をかけた。MCでは直前にコレサワが披露した「きみでした」について2人がトーク。これはさくらしめじには知らされないサプライズのパフォーマンスだったとのことで、2人は「すごかったね」「自分たちの曲だけど本当に感動した」「あれはもうオリジナルだった」と語り合い、楽屋に向かって「すっごくよかったですー」と声をかけていた。

中盤の「てぃーけーじー」では雅功の「みんなで“てぃーけーじダンス”を踊りましょう」という呼びかけで、オーディエンスがT・K・Gを体で表現するダンスを踊る一幕も。そして雅功が「せっかく踊ったので、さらに僕らが作った“しめじ体操”をやりたいと思います!」と話し、2人が「しめじ体操」を踊って会場を爆笑に導いていた。ライブ後半ではバンドスタイルで「スタートダッシュ」「菌カツ!」といった楽曲を披露。「ひだりむね」ではバレンタイン翌日のライブにちなみ、フロアに2人がチョコレートを投げ入れていた。

ライブ当日に配信リリースされた「先に言うね」をじっくりと届けたあとはラストナンバー「あやまリズム」で会場に感謝を伝えた2人。そして「これでラストだったんですが、せっかくコレサワさんとツーマンなので、一緒に歌いたいと思います」とコレサワを呼び込み、3人でコレサワの提供曲「届けそこねたラブソング」を熱唱した。コレサワはこの日のライブを「リハーサルや楽屋で話すともじもじしてるけど、ステージでは男らしくて全然違った! ものすごくカッコよかったよ」と振り返り、雅功は「憧れの人と一緒に楽しいステージを作れたのはすごいことだと思います」、彪我は「さくらしめじのファンとコレサワさんのファンと一緒に踊ったり体操したり、歌ったりできて幸せでした」と喜びをあらわにしていた。

「ダブルでワクワク!さぁ!集まれダブダブ!」の第2弾は3月8日に、大石昌良をゲストに迎えて行われる。

アプリで読む