Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

go!go!vanillas

go!go!vanillas、平成の終わりにロックンロール叫ぶ「No.999」東名阪ツアーも決定

ナタリー

18/12/1(土) 12:00

go!go!vanillasが1月23日にニューシングル「No.999」(ナンバースリーナイン)をリリースすることが決定した。

表題曲「No.999」はバニラズにとってCDで発売された通算55曲目となる、バンド名にちなんだメモリアルチューン。イギリスなど各国で使用されている緊急番号をモチーフに、時代の終焉と新時代への覚醒を叫ぶ「墓場からのロックンロール!」になっているという。

シングルは通常盤と9999枚の完全限定生産盤の2形態が用意され、完全限定生産盤にはジャケットに4桁のシリアルナンバーが印字される。全国のタワーレコード各店およびタワーレコードオンラインでは、早期予約キャンペーンを2期にわたり実施。第1弾の予約特典はシングルタイトルにちなんだ「99(救急)絆創膏」で、バニラズのロゴやシングルタイトルのプリント入り。第2弾の予約特典となる特製ステッカーのデザインは後日発表となる。

またタワーレコード、HMV、TSUTAYA、Amazon.co.jp、楽天ブックスほか全店の共通特典として配布される「“平成”限定!特典音源ダウンロードカード」では、特別音源「平成ペイン(牧達弥 弾き語りver.)」がダウンロードできる。カードは録音当日の現場を撮り下ろしたフォトカード仕様。音源の録音には立体的なサウンドを楽しむために考案された新機軸のレコーディング技術“VR MIX”が採用され、リスナーの目の前で弾き語りが行われているような感覚を楽しめるような音像となっている。音源のダウンロード期間は、平成最後の日となる4月30日まで。

そして4月には、タワーレコードとタッグを組んでのライブツアー「LIVE! TO \ワー/ RECORDS feat. go!go!vanillas ~新曲大解禁~」の開催が決定。4月14日の東京・Zepp Tokyoを皮切りに、大阪・Zepp Osaka Bayside、愛知・Zepp Nagoyaの3会場で展開される。このうちZepp Nagoya公演のみゲストアーティストの出演が予定されており、対バン相手は後日発表となるが、バニラズにとってはこの公演が“平成最後のライブ”となることから、特別な日にふさわしい“平成を代表するアーティスト”を迎えることが予告されている。オフィシャルファンクラブ「go!go!CLUB」の最速チケット先行予約受付は本日12月1日正午から12月10日23:59まで。なお本ツアーでは副題の通り新曲披露が予定されているので、ファンは楽しみにしておこう。

go!go!vanillas「LIVE! TO \ワー/ RECORDS feat. go!go!vanillas ~新曲大解禁~」

2019年4月14日(日)東京都 Zepp Tokyo(※ワンマン)
2019年4月21日(日)大阪 Zepp Osaka Bayside(※ワンマン)
2019年4月28日(日)愛知県 Zepp Nagoya(※ゲストあり)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play