Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

四代目 坂田藤十郎(左)、十五代目 片岡仁左衛門(右) (舞台製作:松竹株式会社)

立川直樹のエンタテインメント探偵

美術館「えき」KYOTO『篠山紀信写真展』、富士フイルムギャラリー『五十川満写真展』で味わった奇妙なトリップ感

隔週水曜

第24回

19/5/15(水)

 史上初の10連休の間はテレビでよく出来たドキュメンタリーを何本を観ることができたし、最後の夜は“SONG TO SOUL”でレッド・ツェッペリンの『胸いっぱいの愛を』が取り上げられ、ジミー・ペイジやエンジニアのエディ・クレイマー、伝記作家リッチー・ヨークなどの証言からロックとブルースの関連について、なるほどそうだったのか……という事実をいくつも知り、人生まだまだ学ぶべきものがたくさんある、これだと歳はとらないなと改めて思ったが、平成最後の日に浅草公会堂で観た夢グループ主催『昭和歌謡歌合戦』は、春組と秋組合わせて24組の昭和の歌謡史を色彩った歌手たちが一堂に会し、代表曲を1曲ずつ歌っていくという超レトロな演し物で、観客も含めてウディ・アレンの『ミッドナイト・イン・パリ』のような感じで完全に昭和に連れていかれてしまった。

アプリで読む