Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ジェイソン・ブラム製作のタイムリープホラー 『Happy Death Day』シリーズ、今夏連続公開へ

リアルサウンド

19/2/21(木) 17:00

 ジェイソン・ブラムが製作を務めたタイムリープホラー映画『Happy Death Day(原題)』と、その続編となる『Happy Death Day 2U(原題)』が、今夏連続公開されることが決定した。

参考:『イット』『ゲット・アウト』軒並み大ヒット! ハリウッドでホラー映画がリバイバルした背景

 本作は、『ゲット・アウト』『スプリット』『ハロウィン』などの話題作を手がけたブラム製作のタイムリープホラー。2017年に1作目が全米で公開され、無名のキャスト&監督にもかかわらず、『ブレードランナー2049』を押さえ、初登場No.1を獲得。世界興収も135億円を突破という大ヒットを記録した。主人公は、毎晩飲んだくれ、その度に男を変え、既婚者の教授とも関係を持ってしまうような女子大生ツリー。そんなツリーが、誕生日にマスクを被った謎の殺人犯に殺されてしまうが、目が覚めるとなぜか同じ誕生日の朝に戻ってしまい、何度も殺される誕生日を繰り返す。

 シリーズの主人公・女子学生ツリーを演じるのは、『ラ・ラ・ランド』や『500ページの夢の束』のジェシカ・ロース。ツリーにタイムリープの秘密を打ち明けられ協力するカーターを、『ブリングリング』のイズラエル・ブルサードが演じている。監督・脚本は、『パラノーマル・アクィビティ 呪いの印』のクリストファー・ランドン。

 なお、続編の『Happy death Day 2U』は、2月13日より全米公開され、初登場5位、公開6日間の累計興収は約16.2億円を突破している。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む