Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『インハンド』山下智久×濱田岳は“昭和の良き夫婦”? 「朝ドラ的要素がある」

リアルサウンド

19/4/10(水) 6:00

 4月12日から放送の金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/22時~)で、4年ぶりのTBS連続ドラマ主演となる山下智久。ロボットハンドの義手を持つ、変わり者の天才科学者役を演じる。

 ドラマの放送に先駆けて、ファンを招いた特別試写会&キャスト舞台挨拶が、9日東京・渋谷ストリームホールにて開催。第1話の試写会の後には、主演の山下智久、濱田岳、菜々緒が登場し、撮影の様子や見どころについて語った。

 蝶ネクタイ姿の濱田に続き、スーツにスニーカーを合わせたオシャレなスタイルで登場した山下。最後にシックな黒のワンピースで、美脚を覗かせた菜々緒が登壇した。『インハンド』で山下が演じるのは、寄生虫学者・紐倉哲(ひもくら てつ)。個性的な役柄について「どんな人物でしょうか?」と聞かれると、「そうですね、一見嫌なヤツなんですけど(笑)、でも、とにかく自分の叶えたい、興味のあることに関しては、すごく情熱的。そういうのが回を追うごとに徐々に徐々に見えてくる。1話だけでは読みきれない、最後まで見ていただいて初めて完結するような、そういう奥深いちょっと変わった科学者役だと思っております」と回答した。

 そんな、ドSな紐倉に振り回される、生真面目で熱血漢な助手・高家春馬役を務めるのが濱田岳。演じる上でこだわった点について聞かれると、「僕ら撮影はもっと進んでるんですけど、それでなんとなくわかってきたことがあって。昭和の良き夫婦みたいな感じなんですよ(笑)。僕は奥さん側ですよ。例えば研究所の掃除だったり、紐倉のお手伝いとか、甲斐甲斐しくやってるんですよ。でも全然ありがとうとか、感謝の気持ちとか言わないんです。でも、ふとした時にちょっと……優しい言葉を言うっていうか。だから気づいたんですよ、このドラマ、朝ドラ的要素があるなって。すごいドラマだなって思ってやっております」と笑いを交えながらコメント。「金曜夜だけれどもよき夫婦像、朝ドラの要素もふんだんに盛り込んだ、贅沢な、ミステリードラマになってます」とドラマの見どころを語った。

 濱田の言葉を受けて「その通りです」と山下。「本当にいろんな角度で見ていただけるドラマになっていると思います。一番最初にお話しをいただいた時に、右手が義手のロボットハンドで、寄生虫が専攻で、いろんな動物と一緒に共存しているとか。目で見ても楽しめるエンターテインメントなるなという風に思いました。人間って足りないものがあって、それをみんなで補っていく、心と心の支え合いのドラマだったりするので。見た目も派手だし中身もすごくいろんな面を持っており、そして朝ドラ的要素も。本当に盛り沢山になってると思います」とまとめた。

 そして、山下・浜田とともに難事件に挑む、容姿端麗で頭脳明晰なエリート官僚・牧野巴を演じるのが菜々緒。二人のコメントを受けて、「この二人がいつもイチャイチャしているのを、微笑ましく見ながらやらせていただいてます」と現場の様子を伝えた。

 また、『インハンド』の劇中には、様々な動物が登場する。記者から動物についてのエピソードを聞かれると、山下はイグアナとのエピソードを挙げた。

 はじめはイグアナの登場に戸惑ったと明かした山下。「だんだん回を追うごとに、僕のことをイグアナが覚えているんですね。視覚的に覚えるみたいなんです。僕、白衣を着てるので、『あ! 白衣着てるヤツだ』って思うと、ちょっと『撫でろ』っていう顔をするんです。で、撫でてあげると気持ちよさそうな顔をする。なんだかとても愛着が湧いてしまい、爬虫類もいけるようになりました」とイグアナへの愛情を明かした。

 一方の濱田は犬を挙げ、「俳優として勉強になるというか。おやつをもらえればなんでもするんですね。でもおやつをもらえないとやらないんです」と、まるで外国の俳優のようなスタンスが勉強になると感慨深げに語った。

 また、濱田から「生き物といえば菜々緒さんです」と振られた菜々緒は、爬虫類系も昆虫系もイケると明かした。「私さそり座なので、一度触ってみたかった」とサソリに触れたこと、「3人の掛け合いがあるときは爬虫類の方に行って、私は爬虫類と戯れてます」と、撮影現場で動物との交流を盛んに行っていることを告白。

 また、会見の最後には、濱田と菜々緒から大きなケーキのサプライズ。この日は山下の34歳の誕生日でもあったのだ。菜々緒が「この場のみんなを代表して、生まれてきてくれてありがとうございます!」とファンの気持ちを代弁したお祝いの言葉を寄せると、会場からは悲鳴のような歓声と拍手が上がった。また、会場から一斉に「おめでとう!」の言葉のプレゼントに、「恥ずかしいよ」と照れた様子の山下。

 最後に山下は、「久々にTBSのドラマをやらせていただきましたが、改めてスタッフを含めたみなさんがすごく情熱を持ってこの作品に取り組んでおります。みんな泥んこになって走り回って、寝る時間も削って、一生懸命この作品に情熱を注いでいる。観てくれた方が救われるような、『あ、こういう考え方もあるんだ』、『ちょっと心が軽くなった』という風に思える、ヒューマンサイエンスミステリードラマになっておりますので、ぜひみなさん金曜よる10時『インハンド』観ていただければと思います。どうぞよろしくお願いします」と締めくくった。(取材・文=柚月裕実)

アプリで読む