Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

90年代台湾捉えた青春映画「熱帯魚」「ラブ ゴーゴー」リストア版の予告解禁

ナタリー

19/7/8(月) 16:00

台湾の映画監督チェン・ユーシュンが1990年代に発表した「熱帯魚」「ラブ ゴーゴー」のデジタルリストア版より、予告編がYouTubeにて公開された。

当時の台湾で頻発していた誘拐事件をモチーフにした「熱帯魚」は、事件に巻き込まれた受験生が、連れ去られた南部の漁村で白昼夢のような経験をする物語。誘拐犯一家と人質少年の交流がユーモラスに展開していく。チェン・ユーシュンが監督デビューを飾った同作は、第48回ロカルノ国際映画祭で青豹賞、第32回金馬奨で最優秀脚本賞と最優秀助演女優賞を受賞した。

「ラブ ゴーゴー」は台北に住む個性豊かな若者たちの、どこか滑稽な恋物語をユニークな視点でつづったラブコメディ。1998年の日本初公開時に、チェン・ユーシュンは「『熱帯魚』では、これまでの台湾映画とは違う、自分の目で見た台湾を撮ろうと考えた。対して今回は、その自分の目で見た台湾を個人の感情に凝縮しようと試みたんだ。どこの国の誰でもこの映画に流れる感情を理解できるはずだ」とコメントしている。

「熱帯魚(デジタルリストア版)」「ラブ ゴーゴー(デジタルリストア版)」は8月17日より東京・K's cinemaほか全国で順次ロードショー。

(c)Central Pictures Corporation

アプリで読む