Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『任侠学園』キャスト第2弾 (c)今野 敏 / (c) 2019 映画「任侠学園」製作委員会

『任侠学園』に伊藤淳史、葵わかな、葉山奨之ら出演 第2弾キャスト発表

ぴあ

19/4/24(水) 8:00

西島秀俊と西田敏行がダブル主演する『任侠学園』。この度、本作に伊藤淳史、葵わかな、葉山奨之らが出演することが発表され、あわせて各キャストのコメントが公開された。

社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザ・“阿岐本組(あきもとぐみ)”が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院や映画館など、困っている人たちをボランティア精神で助ける今野敏による人気小説『任侠』シリーズ(中公文庫)。今回映画化される第1弾『任侠学園』は、シリーズの中でも特に根強く愛され続ける作品だ。

真面目過ぎるがゆえに空回りしながらも、世のため、人のために走り回る不器用な者たちが、日本列島を笑顔で満ち溢れさせる本作は、まさに“令和”の『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』シリーズとも言える人情コメディ。主演ふたりを支える阿岐本組の組員を担うのは、伊藤、池田鉄洋、佐野和真、前田航基ら4人。さらに、彼らが理事となって再建を図る高校の生徒として、葵、葉山、桜井日奈子らが登場する。

伊藤が扮するのは、小物感満載のチンピラ風ヤクザの稔(みのる)。兄貴分である組のNo.2日村役を演じる西島との共演はこれまでにも多く、“カタブツ日村”と“チンピラ稔”の息ぴったりのコミカルなやり取りは、笑って吹き出すこと必至だ。そして、ひと目見たら忘れられない存在感を放つ、料理上手の武闘派というトリッキーな男・健一役に池田、チャラ男風の金髪若手組員・真吉(しんきち)役に佐野、切れ者で頭脳派の徹(てつ)役に前田が扮する。個性豊かな役者たちが、見た目以上に強烈な濃いキャラクターを演じ上げる。

また、そんな濃いめの俳優陣を迎え撃つべく集った生徒役には、今まさに“大注目”のフレッシュな3人だ。学園一の問題児で男勝りな性格のちひろ役に葵。これまでの笑顔いっぱいの彼女のイメージを覆す、ハチャメチャな役で新たな魅力を存分に発揮するとともに、時折見せるツンデレな姿も見どころとなりそう。そんなちひろの大ファンで、カメラ片手に追っかけまくる不思議カワイイ系男子の佑樹役には葉山。反則級にカワイイ人懐こい笑顔には、老若男女問わずニヤけてしまうこと間違い無しだ。そして、幼馴染みのちひろとは対象的に、生徒会に所属する学園の優等生……と見せかけて、実はワケアリな生徒・美咲役に扮するのは桜井。阿岐本組に反抗するダークな一面を覗かせる姿には、驚きと期待でドキドキが止まらない。

あわせて公開された、各キャストのコメントは下記。

■伊藤淳史(稔役)
本音で面と向かってお互いの感情をぶつけあう。そんな熱いものがたっぷりとつまっていて、本気で笑えて本気で泣ける。いまこの時代にはない、みんなが求めてくれる作品になったと思います。

■葵わかな(ちひろ役)
はじめての役柄で最初は戸惑いましたが、監督と相談しながら、身を任せて飛び込んでいくつもりで撮影にのぞむと、気づけば脚本ではじめにイメージしていたキャラクターと真逆なくらいになっていて、今まで演じさせていただいた役の中でも特に楽しくて好きな役になりました。

■葉山奨之(佑樹役)
こんなにも多彩で個性豊かな色んな世代の方が集まっている現場は珍しかったです。撮影現場はとにかく楽しくて、毎日笑いをこらえるのが大変でした。どこから台詞なのかアドリブなのか、それが分からなくなるくらい掛け合いが面白くて(笑)作品から、現場の面白さが伝わるといいなと思います。

■池田鉄洋(健一役)
朴訥で不器用な昭和的な人物の格好良さ。高倉健さんや寅さんのような人情味ある、永遠に生き続けられるような日村というキャラクターが、現代の話ですが、きっとどこか懐かしさも感じさせてくれると思います。

■佐野和真(真吉役)
お芝居をしながらも、人のあたたかさ、人情がとても素晴らしいものだと感じました。観たらきっと人にやさしくなれるんじゃないかなと思います。

■前田航基(徹役)
人情に生きるアツさを少しでも思い出させてくれる、そんな映画になったら良いなと思っています。

■桜井日奈子(美咲役)
いつも笑いの絶えない現場でした。美咲は闇をかかえている子で、初めて演じる役柄だったのでチャレンジでした。木村監督は現場でのひらめきから演出されることもあるのですが、ベテランキャストの皆様がそれを軽やかに笑いに変えて表現されていて、私は感動していました。クスっときて、じーんとくる楽しい作品です。

『任侠学園』
今秋、全国公開

アプリで読む