Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「星男祭2018」第2部の様子。

M!LK&スパドラ先輩も登場!「星男祭」に全国のBATTLE BOYS集結、新シーズン始動

ナタリー

18/12/17(月) 17:20

昨日12月16日に東京・AiiA Theater TokyoにてEBiDAN 39&KiDSによるライブイベント「HMV presents 星男祭2018」が行われた。

EBiDAN 39&KiDSメンバーが一堂に会する年に1度の“お祭り”「星男祭」は、今回が5度目の開催となる。今年は昼夜2部構成で行われ、スペシャルゲストとして第1部にはSUPER★DRAGON、第2部にはM!LKと、39&KiDSメンバーの先輩グループも登場。合わせて109名がステージに立ってパフォーマンスを披露した。この記事では第2部の模様をレポートする。

オープニングアクトを務めたのは男女混合ユニット・DAN→JYOと、「超ボーカリストオーディション」を通過した男性メンバー3名、女性の新人2名からなるグループ。「星男祭」初登場となる2組が会場をしっかり温めると、本編はBATTLE STREETのパフォーマンスで幕を開けた。赤と黒を基調にした衣装を着た7人はキレのあるダンスで「Voice」「Macanas.」を歌い踊り、トップバッターの役目を果たしてみせる。

アクロバティックな動きややんちゃな笑顔に歓声が上がったZeBRA☆REDのステージののちには、BATTLE BOYS KYUSHU&OKINAWA、BATTLE BOYS NAGOYA、BATTLE BOYS OSAKA、BATTLE BOYS SENDAI、BATTLE BOYS TOKYOと各地のBATTLE BOYSユニットが次々に登場し、オリジナル曲を披露していく。OSAKAメンバーが「行こうぜ!」と煽って「Gera-Gera」を歌えば、TOKYOチームは「東京ブチ上げていくぞ!」と「my soul」をドロップ。各グループのキャラクターが滲み出るパフォーマンスで観客たちの大きな歓声を集めた。

ここでスタメンKiDSが登場し、自己紹介ナンバー「イントロデュースド by スタメンKiDS」でファンを楽しませる。そして「声出していこう、星男!」と呼びかけたのちに披露された「スタメンパイレーツ」でも、メンバーは全力の歌とダンスを届けていた。

スタメンKiDSが舞台から姿を消すと、第2部のゲストであるM!LKのステージがスタートした。大きな歓声に迎えられた7人は「めちゃモル」で客席の熱を引き上げ、塩崎太智は「来ました、M!LKの時間です!」と告げる。続けて最新ナンバー「Over The Storm」をクールに歌い踊ったのち、彼らは動物の鳴きマネのコール&レスポンスでオーディエンスを巻き込む「ジャングリズム」をパフォーマンス。メンバーはステージ前方ギリギリで1列になって観客を煽り、強い一体感を生み出してみせた。

ユニット別のパフォーマンスの最後を飾ったのは、この日がラストステージとなるBATTLE BOYS 2ndシーズンの全国選抜。始めに「Sha na na」を届け、長野凌大は「今日が僕らの最後のパフォーマンスです!」と挨拶をした。ここでメンバーは2ndシーズン全国選抜の活動を振り返り、武藤潤は「ここに全国選抜として立たせて頂いているのはサポーターのみんなのおかげ。2ndシーズンは試練でもありましたが、皆さんの盛り上がる姿を見て不安は吹き飛びました。坊主でいる時間も悪くなかったです(笑)」と笑う。今回が初の全国選抜入りだった紀田直哉は「福岡でのリリースイベントの夜に絆が深まって『仲間っていいな』と思いました」と明かし、弓木大和は「4人に助けられたから、2ndシーズンの活動を続けられました」と仲間に感謝した。そして小泉光咲は「最後に披露するのはBATTLE BOYS企画の象徴的な曲です。聴いてください、『ebidence』」とタイトルコール。5人は歌とダンスに思いを込めてこの曲をパワフルに届け、2ndシーズン全国選抜メンバーとしての活動を締めくくった。

フィナーレにてBATTLE BOYSメンバー全員が登壇したところで、BATTLE BOYSの3rdシーズンがこの日からスタートすることが発表された。今回のBATTLE BOYS企画はエリアを東西に分けて2つの全国選抜チームを決めるもので、全国選抜に選ばれたメンバーは5月にリリースされるBATTLE BOYSのCD収録のオリジナル曲を歌うことができる。さらに、7月7日には東京・チームスマイル・豊洲PITでBATTLE BOYSのライブイベントが行われることも決定した。

BATTLE BOYSの次の展開が発表され、ラストナンバー「恋のDing Dong」で金テープのキャノン砲が客席へ放たれると、ステージにはゲストのM!LKも登場。佐野勇斗がスタメンKiDSの大晟の手を引いて前に出れば、SENDAI出身の琉弥とNAGOYA出身の曽野舜太はそれぞれに地元チームの年少メンバーをハグするなど、それぞれにお兄さんとしての一面をのぞかせた。M!LKリーダーの吉田仁人は「今日はお呼びいただきありがとうございました! M!LKは2019年もがんばっていきます!」と7人を代表して挨拶。にぎやかなムードの中で、今年の「星男祭」は幕を下ろした。

「HMV presents 星男祭2018」2018年12月16日 AiiA Theater Tokyo 第2部 セットリスト

オープニングアクト

01. アイデア / DAN→JYO
02. Oops / 超ボーカリストオーディションファイナリスト選抜グループ

本編

01. Voice / BATTLE STREET
02. Macanas. / BATTLE STREET
03. Boys, Be Ambitious -2018- / ZeBRA☆RED
04. ゼブラワールド / ZeBRA☆RED
05. Sexy Thing / BATTLE BOYS KYUSHU&OKINAWA
06. いりゃあせ名古屋 / BATTLE BOYS NAGOYA
07. Gera-Gera / BATTLE BOYS OSAKA
08. 真っ白な恋 / BATTLE BOYS SENDAI
09. my soul / BATTLE BOYS TOKYO
10. イントロデュースド by スタメンKiDS / スタメンKiDS
11. スタメンパイレーツ / スタメンKiDS
12. めちゃモル / M!LK
13. Over The Storm / M!LK
14. ジャングリズム / M!LK
15. Sha na na / BATTLE BOYS全国選抜
16. ebidence / BATTLE BOYS全国選抜
17. 恋のDing Dong / 全員(M!LKを除く)

※DAN→JYOの矢印は右矢印左矢印が正式表記。

撮影:笹森健一、小坂茂雄

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play