Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

世界の演劇「血のつながり」チラシ表

世界の演劇「血のつながり」演出の稲葉賀恵「固唾をのんで見届けて」

ナタリー

19/3/12(火) 9:45

世界の演劇「血のつながり」が、3月22日から24日まで東京・文学座新モリヤビル1階で上演される。

文学座の有志によって構成された世界の演劇は、多彩な海外戯曲を上演する団体。第2回公演となる今回は、カナダのシャロン・ポーロックによるサスペンスを、稲葉賀恵による演出で立ち上げる。1892年、アメリカ合衆国マサチューセッツ州で資産家の夫婦が斧で惨殺され、夫婦の次女リジー・ボーデンが事件の被疑者となる。事件から10年後、無罪釈放になったリジーは親友である女優と共にあるゲームを始め……。出演者には前東美菜子、内堀律子、大原康裕、つかもと景子、永川友里、内藤裕志、木場允視が名を連ねた。

上演に際し稲葉は「誰にでも起こりうる問題であることをお客様と一緒に共有し、アトリエ公演よりも小さな空間ならではの濃密な芝居を、固唾をのんで見届けて頂きたいです」と呼びかけている。

稲葉賀恵コメント

一見陰惨な殺人事件を元にしたサスペンスドラマのように見えますが、親と子、姉妹、家族のつながりに縛られた人間たちを非常に緻密に描いた作品です。誰にでも起こりうる問題であることをお客様と一緒に共有し、アトリエ公演よりも小さな空間ならではの濃密な芝居を、固唾をのんで見届けて頂きたいです。

「世界の演劇 vol.2 ~カナダ~『血のつながり』」

2019年3月22日(金)~24日(日)
東京都 文学座新モリヤビル1階

作:シャロン・ポーロック
訳:吉原豊司
演出:稲葉賀恵
出演:前東美菜子、内堀律子、大原康裕、つかもと景子、永川友里、内藤裕志、木場允視

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える