Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

The Nationalの新ALが5月発売 マイク・ミルズ監督の短編映画とリンク

CINRA.NET

19/3/6(水) 18:41

The Nationalのニューアルバム『I Am Easy To Find』が5月17日にリリースされる。

1999年にニューヨーク・ブルックリンで結成されたThe National。2017年に発表された7thアルバム『Sleep Well Beast』が『第60回グラミー賞』最優秀オルタナティブミュージックアルバム賞を受賞した。

『I Am Easy To Find』には、ボーカルとしてシャロン・ヴァン・エッテン、リサ・ハニガン、ミナ・ティンドル、ケイト・ステイブルズ(THIS IS THE KIT)、約20年間にわたってデヴィッド・ボウイのベーシストを務めたゲイル・アン・ドロシーらが参加した全16曲を収録。レコーディングはニューヨーク北部の郊外ハドソンバレーに加えて、フランス・パリ、ドイツ・ベルリン、アイルランド・ダブリンなどで行なわれた。

日本盤にはボーナストラック1曲が追加収録されるほか、歌詞対訳と解説書が封入。iTunes Storeでアルバムを予約すると、YouTubeで公開されたアルバムのオープニングトラック“You Had Your Soul With You”をいち早くダウンロードできる。

なお『I Am Easy To Find』は、アルバム名と同じタイトルが付けられた短編映画とあわせてリリース。『I Am Easy To Find』にインスパイアされた短編映画の音楽はThe Nationalが担当したほか、監督は『20センチュリー・ウーマン』『人生はビギナーズ』などのマイク・ミルズ、主演は『リリーのすべて』で『アカデミー賞』助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルが務めた。ミルズ監督は今回のコラボについて「お互いのことを真似し合うことが大好きな、遊び心と敵対心を持った兄弟のよう」とコメント。


アプリで読む