Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

高橋一生、台湾ファンの熱烈歓迎に思わず照れ笑い 現地で人気の心理テストにも挑戦

リアルサウンド

18/11/3(土) 23:00

 主演を務めるカンテレ・フジテレビ系火曜ドラマ『僕らは奇跡でできている』の海外プロモーションの一環として台湾を訪問中の高橋一生が、現地で行われたドラマのスペシャルイベントに登壇した。

参考:高橋一生、『僕らは奇跡でできている』プロモーションで台湾へ 地元の小籠包に「念願だった」

 高橋の訪台は、『僕らは奇跡でできている』が日本以外にアジア7つの国と地域(インドネシア、ミャンマー、シンガポール、台湾、スリランカ、ベトナム、モンゴル)で放送されていることから、海外プロモーションの一環として実現したもの。現地で開催されたスペシャルイベントには、応募者数3000人以上、30倍を超える高い倍率の中から抽選で選ばれた地元のファン約100人が参加した。会場には、浴衣姿の女性や、男性ファンの姿も。ドラマのPRが上映され、スクリーンに高橋の顔が映し出された瞬間、まだ高橋が登壇していないにもかかわらず、多くのファンが歓声を上げた。

 期待が膨らむ中、会場に姿を現した高橋。セーターにジーンズ、メガネというカジュアルなスタイルに、会場は大歓声に包まれた。司会者からの「ご本人の声を直接聴けることを、皆さんは楽しみにしています」という一言に、高橋は若干戸惑った表情を見せながらも、台湾語で自己紹介。高橋が「みなさんとこの時間を共有できることを楽しみにしています」と話すと、会場は再び大きな歓声に包まれた。そんな中、会場から「高橋さん愛してる!」と呼びかけられると、高橋は恥ずかしそうに笑いながら「ありがとう! 照れますね」と返す一幕も。

 マイペースな主人公が繰り広げるドラマに込められたメッセージについて問われると、「誰の生き方も否定せずに“こういう生き方もある”ということを示していけたら」と語った高橋。ドラマの見どころについては「“言葉では言い表せられないけれど、涙が出てしまった”そんなドラマになったら、うれしいです」と、アピールした。

 またイベントでは、高橋が台湾で大人気の心理テストに挑戦。その内容は、10種類の動物(猫、サル、犬、ウサギ、シマウマ、パンダ、ペンギン、キリン、カメ、鳥)の中から、好きな動物を1~3位に順位付けするというもの。そして高橋は、1位に犬、2位にカメ、3位に鳥を選んだ。

 1位は“あなたが人に与える印象”、2位は“あなたが周りから見られる印象”、3位は“本当の性格”を表しているというこの心理テスト。1位に犬を選んだ高橋の診断結果は、「温かくて“忠誠心”があって、そばにいる安心感を人に与える」、そして“周りからの印象”は「動きがゆっくりしていて、友情が長く続く」という結果に。これに高橋は、「自分が周りから“カメ”と見られていることは納得します。ドラマに出てくる“カメのジョージのようになりたい”と思っているんです」と話した。“本当の性格”は鳥という結果に、高橋は「飛んじゃいそう!」と一言。すると司会者から「バードコールで呼んだら、来てくれるのでは?」と粋なツッコミが入る場面も。終始和やかな雰囲気の中イベントは進み、最後に参加者と記念撮影をした高橋。地元のファンの歓声が最後まで鳴りやまない中、スペシャルイベントは終了した。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play