Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

あだち麗三郎の4年ぶりソロAL『アルビレオ』7月発売 古川麦、谷口雄ら参加

CINRA.NET

19/5/31(金) 18:30

あだち麗三郎のニューアルバム『アルビレオ』が、7月3日にリリースされる。

cero、片想い、Hei Tanaka、寺尾紗穂、東郷清丸など様々なミュージシャンの作品やライブに参加しているあだち麗三郎。『アルビレオ』は2015年発売の『ぱぱぱぱ。』以来、約4年ぶりのアルバムとなる。

同作には2017年に発表した“夏の化身”のニューバージョンや、モーリス・ラヴェル作曲“亡き王女のためのパヴァーヌ”を含む全7曲を収録。参加アーティストにはシンリズム、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)、古川麦、谷口雄(ex.森は生きている)、内田武瑠(BURGER NUDS)、Hirotomo Kauai(東郷清丸バンド)らが名を連ねる。

あだち麗三郎のオフィシャルサイトでは、あだちのコメントが公開中。あだちはアルバムについて「長くも短くもある時間の中であきらめることが増えた。自分に対する理解が一層深まって、できること、できないこと、できるようにしてみたいこと。個を掘り下げたところにあるマクロ。そのバランスを取る先に見える景色に、今までとは違ったスタンスで制作できた気がしている」と述べている。

また、リリースに伴う全国ツアーを6月23日から開催。6月23日の愛知・名古屋のブラジルコーヒー公演を皮切りに、鳥取、島根、広島、高知、大阪、福岡、愛媛などを巡る。愛知、大阪、福岡、愛媛公演は「あだち麗三郎と美味しい水」での出演となり、そのほかの公演はソロの弾き語りライブとなる。詳細はあだち麗三郎のオフィシャルサイトで確認しよう。

アプリで読む