Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から三池崇史、窪田正孝、小西桜子。(c)Kazuko Wakayama

窪田正孝と小西桜子が“聖地”に興奮、三池崇史監督作「初恋」引っさげカンヌで会見

ナタリー

19/5/16(木) 12:20

第72回カンヌ国際映画祭監督週間に出品されている「初恋」の会見がフランス・カンヌで現地時間5月15日に行われ、キャストの窪田正孝と小西桜子、監督の三池崇史が出席した。

本作は、窪田演じるプロボクサー・葛城レオが負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫し、アンダーグラウンドの世界に足を踏み入れていく物語。オーディションで3000人の中から選ばれた小西は、不遇な家庭環境からアンダーグラウンドと関わるようになった少女・モニカを演じた。

会見には、窪田、小西、三池のほか、企画プロデューサーの紀伊宗之、プロデューサーの坂美佐子、ジェレミー・トーマスも出席。初めてのカンヌ参加となった窪田は「聖地に連れて来てもらい感無量です。作品はパワフルでスピード感がすごくて、観る者の目を惹き付ける力があり、自分自身も熱くなるものがありました。世界の人に観てもらいたい」と熱く語り、「カンヌは空気が違って、映画ファンも世界各国のメディアもたくさんいて……とても気分がいいです! テンション上がってます!」と笑顔を見せる。

同じくカンヌ初参加である小西は「今ここにいることが夢みたい。こんな機会はめったにないと思うので一生残る経験になると思います!」とコメント。三池は「みんなで作り上げた作品が、自分たちを昨日と違う景色へ連れて行ってくれる。映画とは夢のあるもの。映画を観客とともに観るというのは格別な時間であり、とても楽しみです。ジェレミーからも率直な感想をもらいながら作っていた。今の時代にしか作れないものが、素晴らしいキャストとともに作れました」と自信をうかがわせた。

ドラマ「ケータイ捜査官7」以来、約10年ぶりにタッグを組んだ三池と窪田。三池が「国民的スター窪田が主演をやってくださって、いいやつだな、と(笑)。ハードなスケジュールの中カンヌに駆け付けてくれて非常にうれしいし、やっぱり“映画の人間”なんだと思った」と述べると、窪田が「『ケータイ捜査官7』のとき“あいつを選んだ理由がわかる”と言ってくれたのがすごく印象に残っています。映画やテレビに出させていただいている中で演者としてフラストレーションがたまるという経験が、役者さんには誰しもあるかと思うのですが(笑)、今回そういった感情がこの作品を通して爆発していて……観ていただいたらわかると思います。日本の映画はこうあるべきだと思うし、こういう生き方をしたいと思いました」と続ける。

小西は「オーディションのときから私の思いを聞いてくださって、選んでいただけたのかなと感じています。三池さんは演技のテクニックより感情を引き出してくれましたし、私らしさを重視して指導してくださいました」と三池の演出を回想。「ほかのキャストの方と絡むシーンがあまりなかったのですが、映画やテレビで見ていた方々と共演させていただいたので、とても光栄で、夢みたいでした。ベテランの方々の演技を見て、自分も負けていられないな、と思いました」と撮影を振り返った。

窪田と小西のほか、大森南朋、染谷将太、内野聖陽、ベッキー、村上淳、塩見三省らが出演した「初恋」。三池は「役者で生きていこうと思う人間の根っこには、アウトロー的な血が流れてると思う。今回出演した役者たちはそれぞれの役に共鳴していたと思うし、だからこそリアリティが生まれた。今回の作品を通して、役者というのは、人間が抱える“喜び”と“ストレス”を生かす職業なのだと、改めて感じた。そういう要素は、アウトロー的な映画を作る我々にとってはとてもいい状況」と語り、「観た全員が『この映画好きだな、だけど自分の演技はもっとやれる』となるような、新たな発見や高みを見出せる作品に仕上がったと思う。内野は今作の役と比べるとすごいギャップだけど」と笑った。

窪田は三池の人柄について「昔から変わってないです。“遠くない親戚のおじさん”のような存在」と述懐。「三池さんがカンヌに行かれている記事を見るたびに、自分も行きたいな、三池さんと今度はいつできるんだろと思っていましたけど、やるべきことを自分はやるんだと思い続けていたんです。そしてまたこうやって再会できた。10年前が自分の原点です。三池さんは僕の恩師ですね」と、改めて三池への敬意を表した。

「初恋」は2020年に全国で公開。なおカンヌでの公式上映は明日5月17日に行われる。

(c)2020「初恋」製作委員会

アプリで読む