Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ブリー・ラーソン

「キャプテン・マーベル」ブリー・ラーソンが語る4DXへの期待、見どころは宇宙

ナタリー

19/3/14(木) 12:00

マーベル・スタジオの新作「キャプテン・マーベル」より、ブリー・ラーソンとジェンマ・チャンが4DX上映について語るインタビュー映像がYouTubeにて公開された。

アベンジャーズ結成前の1995年を舞台に、瀕死の重傷を負って記憶を失うと同時に“規格外の力”を得たキャプテン・マーベルを主人公とした本作。4DX上映としては歴代初となる全世界200万人超の観客を動員した「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と同じように、「キャプテン・マーベル」でも登場キャラクター毎に専任の4DXプロデューサーが置かれた。それぞれの能力にあわせたオリジナル効果や演出が仕掛けられている。

4DXでもっとも楽しみにしているシーンとして「宇宙で繰り広げられるアクション」を挙げたキャプテン・マーベル役のラーソン。「早く4DXで観て、自分でも確認してみたいです。宇宙でのシーンはどれも、“宇宙に囲まれているような没入感”がすごそうです」と期待を寄せている。またミン・エルヴァ役のチャンは、映画の冒頭にあるアクションシーンを楽しみにしていると明かした。

「キャプテン・マーベル」は、明日3月15日より全国ロードショー。「ハーフネルソン」で知られるライアン・フレックとアンナ・ボーデンが共同監督を務めた。

(c)Marvel Studios 2019

アプリで読む