Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

椎名林檎の4年半ぶりオリジナルアルバム『三毒史』&ライブ映像が5月発売

CINRA.NET

19/4/5(金) 11:35

椎名林檎のニューアルバム『三毒史』とライブ映像作品『(生)林檎博'18 ―不惑の余裕―』が、5月27日に同時リリースされる。

1998年5月27日にデビューした椎名林檎。『日出処』以来、約4年半年ぶりのオリジナルアルバムとなる『三毒史』は通常盤、ケース付きハードカバー仕様の初回限定生産盤の2形態でリリースされる。人の善心を害する三種の煩悩とされる「三毒」である「貪」「瞋」「癡」を、13曲の収録曲で織り成しているとのこと。

収録曲には、宮本浩次が参加した“獣ゆく細道”、トータス松本とのデュエット曲“目抜き通り”、コカ・コーラの2015年サマーキャンペーンソング“長く短い祭”、auスマートフォン「isai vivid」CM曲“神様、仏様”などがラインナップ。詳細は後日発表される。発表とあわせて新たなアーティスト写真が公開。

同時発売となる『(生)林檎博'18 ―不惑の余裕―』はBlu-rayとDVDの2形態を用意。2018年に開催されたデビュー20周年記念のアリーナツアー『椎名林檎 (生)林檎博'18 ―不惑の余裕―』から、11月22日と椎名の誕生日である11月25日に行なわれた埼玉・さいたまスーパーアリーナ公演の模様が収められている。

同作にはMummy-D、浮雲、トータス松本、宮本浩次、レキシらゲストによるパフォーマンスのほか、MCを捉えた『余裕み時間』なども収録。演奏はみどりん、鳥越啓介、ヒイズミマサユ機、名越由貴夫、斎藤ネコらによる「The Mighty Galactic Empire」が務めた。

椎名林檎『(生)林檎博'18 ―不惑の余裕―』収録予定内容

『アリーナツアー「(生)林檎博'18 ―不惑の余裕―」2018.11.25、11.22@さいたまスーパーアリーナ』
・機知との遭遇 -Sound&Vivision-
・本能
・流行
・雨傘
・日和姫
・APPLE
・マ・シェリ
・積木遊び
・個人授業
・どん底まで
・神様、仏様
・化粧直し
・カーネーション
・ありきたりな女
・いろはにほへと
・歌舞伎町の女王
・人生は夢だらけ
・東京は夜の七時
・長く短い祭
・旬
・恋の呪文はスキトキメキトキス
・ちちんぷいぷい
・目抜き通り
・獣ゆく細道
・ジユーダム
・悲しみの果て
・五右衛門
・きらきら武士
・夢のあと
・ending 丸ノ内サディスティックneetskills remix
・はいはい(ボーナストラック)
・余裕み時間(ボーナストラック)

アプリで読む