Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

滝沢秀明

「孤高のメス」滝沢秀明の今年を表す漢字は“行”「さよならではないので」

ナタリー

18/12/12(水) 18:42

「連続ドラマW 孤高のメス」の完成披露試写会が、本日12月12日に東京のヒューリックホール東京にて行われ、キャストの滝沢秀明、仲村トオル、工藤阿須加、山本美月、石丸幹二、長塚京三、監督の内片輝が出席した。

本作は、現役医師・大鐘稔彦の小説「孤高のメス」シリーズをもとに、甦生記念病院の外科医・当麻鉄彦が旧態依然とした医療体制と闘うさまを描く医療ドラマ。滝沢は自身が演じた当麻について「自分の信念をすごく持っていて、どんな状況に置かれてもぶれずに前に進んでいく。男が見てもカッコいい生き方をしている役なので、演じられることがすごくうれしかったですね」と語る。司会者に「仕事をするうえで大事にしている信念」を尋ねられると、「やりたいことや求められることがいろいろありますが、自分の思いを大事にしていかなければいけないと思います。当麻に刺激を受けて、大きな男になりたいという思いが強くなりました」と真摯に回答。司会者から「すでに大きいですが」と言われると「身長低いですけど」と自虐的に笑い、会場を盛り上げた。

当麻と対立することになる近江大学医学部外科の助教授・実川剛役の仲村は、「甦生記念病院オペ室の顔面偏差値の高さに驚きました」と挨拶し、客席に笑いを起こす。滝沢の印象については「しなやかな人。幼い頃から陽の当たる道を歩いてきたと思うんですが、何回も壁にぶつかったからこそ身につけられたしなやかさを感じます」と述べ、「撮影中、滝沢さんと石丸さんに挟まれたときに、自分の中で“ここにいていいのか感”が湧き上がって。歌えるのか、俺……って」と笑顔を見せる。

近江大から派遣され当麻に尊敬の念を募らせていく外科医・青木隆三役の工藤は滝沢との共演を「厳しいことを言われるんじゃないかという不安もあったのですが、僕が緊張をしているといい方向に誘導してくれる優しさがあって。まるで当麻と青木の関係のようでもあり、すごく救われました。ご一緒できたことが宝物だなって思える人です」と振り返る。それを聞いた滝沢は「もうちょっとふざけるのかなと思ったので緊張しちゃった。いつも一緒にいる役だったので現場では一番話しました。楽しい時間を過ごせましたね」と話した。

長塚は20年ぶりに共演した滝沢について「深く静かに1人で情熱を秘めている芸風が変わらないんです。天性のものなんでしょうけど、15歳にしてそういう自分の持ち味を把握していたと思います。クールさに磨きがかかって、今や“歩く孤高のメス”」とドラマのタイトルを引用。内片は「空き時間に、火山に行って野宿をする話やプロレスラーになりたかった話をしてくれるときの滝沢さんの笑顔がすごく優しくて、“孤高のスマイル”にやられることが多かったです」と滝沢とのエピソードを披露した。

最後に「今年を表す漢字」を聞かれ、“行”と答えた滝沢。自身が年内いっぱいで芸能活動を引退することを踏まえて「さよならではないので、行ってきますという意味です。皆さんの期待に応えられるような、大きな男になりたいと思います」とファンにメッセージを送った。

「連続ドラマW 孤高のメス」は1月13日よりWOWOWプライムにて放送。

連続ドラマW 孤高のメス

WOWOWプライム 2019年1月13日(日)スタート 毎週日曜 22:00~
※全8話。第1話のみ無料放送

アプリで読む