Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「キャプテン・マーベル」日本語吹替版キャスト。左からキャプテン・マーベル役の水樹奈々、ウォルター・ローソン役の森川智之。

「キャプテン・マーベル」水樹奈々が主人公の吹替担当、森川智之や関俊彦も参加

ナタリー

19/2/21(木) 7:00

マーベル・スタジオ最新作「キャプテン・マーベル」の日本語吹替版キャストが決定。ブリー・ラーソン演じる主人公キャプテン・マーベルに、水樹奈々が声を当てるとわかった。

ライアン・フレックとアンナ・ボーデンが共同監督を務めた本作では、身に覚えのない“記憶”のフラッシュバックに悩まされるヒーロー、キャプテン・マーベル / キャロル・ダンヴァースの姿が描かれる。本作で「アベンジャーズ」シリーズに初参加を果たす水樹は「収録を終えたばかりで興奮しています! 高まっております! 早く皆さんに映画を見てもらいたくて想いが溢れてしまいました」とコメントを発表した。

さらにキャプテン・マーベルが所属する、クリー帝国のエリート軍人集団“スターフォース”の声優キャストも明らかに。ジュード・ロウ演じるスターフォースの司令官ウォルター・ローソンの声は、森川智之が担当。森川は、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」でもロウ演じるダンブルドアの吹替を行っている。そしてスターフォースの有能なスナイパーであるミン・エルヴァ役に日笠陽子、チーム随一の腕力を誇るブロン・チャー役に安元洋貴、潜入のスペシャリストであるアット・ラス役に日野聡が起用された。またキャプテン・マーベルの宿敵であるスクラル人・タロスには、「仮面ライダー電王」のモモタロス役などを務めてきた関俊彦が声を当て、サミュエル・L・ジャクソン扮するニック・フューリー役で竹中直人が続投する。

本日2月21日の18時から21時まで、「アベンジャーズ」の公式Twitterアカウントにて、吹替キャストの“公式ボイス”が届くキャンペーンを実施。「#キャプテンマーベル最強声優」を付けてツイートすると、水樹、森川、日笠、安元、日野、関のボイスが届けられる。

「キャプテン・マーベル」は、3月15日に全国公開。

(c)Marvel Studios 2019

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える