Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「木曜劇場『黄昏流星群』」に出演する中川家・礼二。(c)フジテレビ

中川家礼二が物流会社の経理課長役「自分のネタに出てくるおっちゃんに似てる」

ナタリー

18/7/30(月) 12:08

佐々木蔵之介が主演を務める、10月スタートの連続ドラマ「木曜劇場『黄昏流星群』」(フジテレビ系)に中川家・礼二が出演する。

このドラマは、弘兼憲史作のマンガ「黄昏流星群」の第1集「不惑の星」を原作とし、銀行員の瀧沢完治(たきざわかんじ)役を演じる佐々木が、中山美穂や黒木瞳らと織り成すラブストーリー。礼二は、完治の出向先の物流会社・荻野倉庫の財務総務課長・川本保(かわもとたもつ)役を演じる。川本は仕事のできる優秀な男で、フォークリフト乗りから経理課長にまで上り詰めた現場叩き上げ。「部長の椅子には銀行出向組が座る」ということに不満を持っており、完治に対してつらく当たってしまう。主人公の完治と並び、“サラリーマンの黄昏感”の象徴とも言える礼二の役に注目を。

礼二のほか、藤井流星(ジャニーズWEST)、石川恋、八木亜希子、小野武彦が出演することもこのたび発表された。

中川家・礼二 コメント

久しぶりの連ドラ出演ということで、お話をいただいたときはとてもうれしい反面、不安もだいぶありました。ただ、僕が演じる川本保という役が、自分のネタに出てくる町工場のおっちゃんに似ているので、コント交じりに楽しみながら毎回撮影に臨めています。今回のドラマを通して、また新たにネタになりそうな人を探しながら、一生懸命演じたいと思います。

高田雄貴プロデューサー(フジテレビ第一制作室) コメント

倉庫会社の課長という役を考えたときから礼二さんしか頭に浮かびませんでした。そして、その想像を超える“おっちゃん感”を出してくださり、お芝居のいたるところで礼二節全開です。主人公をいじめる立場ではありますが、出向者を受け入れる側の黄昏感をユーモアも交えて愛らしく演じてくださってます。

木曜劇場「黄昏流星群」

フジテレビ系 2018年10月スタート 毎週木曜22:00~22:54
<出演者>
佐々木蔵之介 / 中山美穂 / 藤井流星(ジャニーズWEST) / 石川恋 / 中川家・礼二 / 八木亜希子 / 小野武彦 / 黒木瞳

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play