Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

Ken Yokoyamaが語るバンドの意識改革とセルフコンピレーションの真意「ずっと曲は生き続ける」

リアルサウンド

18/10/7(日) 18:00

 Ken Yokoyamaが、10月10日にセルフコンピレーションアルバム『Songs Of The Living Dead』をリリースする。今作は、横山健がKen Yokoyamaとしての活動初期から約15年にわたる活動の中でこれまでの作品に収録されなかった楽曲が揃った作品。前回のスプリット盤『Ken Yokoyama VS NAMBA69』インタビューに続き、今回もKEN BAND4人にインタビュー。Matchanの脱退、本作リリースの真意について聞いた。(編集部)

意識改革が必要だった(Ken)

一一先月にライブ(『Ken Yokoyama VS NAMBA69 Tour』7月4日・東京Zepp DiverCity)を見て、KEN BAND変わったなと思ったんですよね。緊張感が今までとは違っていて。

Hidenori Minami(以下、Minami):あぁ。実際お客さんにどう見えてるかはわかんないですけど、でもバンド内での意識の変化は絶対あって。

Jun Gray(以下、Jun):うん。まず今年入ってからKenに呼び出されて、4人でミーティングして。そこからライブに対する思いも変わりましたね。

一一Kenさんが「それぞれが1/4を担ってくれ。なんならKen Yokoyamaじゃない、新しいバンド名に変えてもいい」と迫った話は、以前オフィシャルの記事で読みました。

Ken Yokoyama(以下、Ken):そう。去年Hi-STANDARDでアルバムの曲作り、レコーディング、ツアーをして。そこから生まれてくるエネルギーを体感して、ひとつのことに全員が全力で平等に関わるのって素晴らしいなと思ってしまって。そういうバンドの中に身を置く心地よさを覚えてしまうと「これがもしかしてKEN BANDには一番足りないところじゃないか?」って。俺はハイスタをやってる時はハイスタが世界一のロックンロールバンドだと思ってるけど、KEN BANDの時はKEN BANDが世界一のロックンロールバンドでありたいし、そしてやっぱりKEN BANDをやってる時はハイスタに勝ちたいの。そのためには意識改革が必要だと思って。

一一ハイスタはリーダー不在のまま、三人でぶつかり合いながら物事を進めていく。ただ……蒸し返すようですが「それが面倒臭いからKEN BANDは明確なリーダーがいる形にした」って以前に言ってましたよね。

Ken:確かに。そこが人生の面白いところで(笑)。『GIFT』を体験するまでは、KEN BANDは俺のワントップでいいと思ってた。俺の発想、俺のアイデア、俺のペースで全部引っ張っていくことができたんだけど。でも2017年を経過したらそれが物足りなくなってきちゃって。

一一Kenさんの提案は、みなさんすぐ納得できましたか。「え、今そんなこと言われても」みたいな戸惑いはなく?

Jun:うーん……今言ったみたいに去年まではKenが引っ張るのが普通だったし、俺たちもそうやって動いてたからね。だから最初に聞いた時は「あ、そういう考えになったんだね?」っていう思いはありましたよ。じゃあ今からどう変わっていくのかなぁって。そこはまだ途中、手探りな部分はある。もちろん考えながらやってはいるんだけど。

一一こういう話と、松浦さん(Matchan)の脱退は関係あるんですか。

Matchan:まぁ直接……ではないですけど、判断するきっかけのひとつではありますね。このバンドで自分がどうすべきなのか、改めて自分がバンドにいることの意味もしっかり考えましたし。「1/4を担って欲しい」「やります、頑張ります」って言ったところで……やっぱみんなが求めるクオリティに僕はまったく辿り着かないまま、7年以上を過ごしてしまって……。

一一そうですかね?

Matchan:はい。何ひとつみんなの期待には応えられなかったので。今回、Kenさんがそこまで言ってくれてるんだから、自分の甘えを捨てて、もう生活も壊すぐらいの勢いでドラムにのめり込んでみようと思ったんですね。「自分がこのバンドで力になれてないのは何なんだろう?」って、それは加入してからずーっと、もう24時間考え続けてきたことですけど……結局わかんなかったんですよ、理由が。で、さらにやっていくうちに……何が足りないんだろうって考えて……それでまぁ脱退しようと。はい。

Ken:いやっ、今のMatchanの話、いまいちわかんないんだけど!

Minami:ははははは。そうだねぇ。

Matchan:いや(笑)、単純にこう、ふわっとみんなで足並みが揃う、自然とそれができるかできないかがこのバンドは重要なのかなって。ひとつのことに対して自然に「これってこうだよね?」って思う、それが僕は全然自然にできなかったんです。そこでずっと悩んでたし。もうこれは人と人の相性なのかなって。そういうふうに僕は思っちゃいましたね。

一一年齢差もあるし、あとは加入してすぐ震災が起きて、テンパったまま走り続けるような状況が最初は続いたと思うんです。そこから7年、結局自然体になることはできなかった?

Matchan:あぁ。かもしれないです。

Minami:……病んでるわけじゃないんだよね?

Matchan:病んでないですよ! そこちゃんと書いといてください(笑)。

Ken:でもね、8月のある日にMatchanから電話がきて。「辞めさせてください」「なんで?」「……やっぱり自分のバンドとは思えないです」って言われたの。それがすべてなんじゃないかな。「僕は担えません、1/4にはなれません」って言われた感じがした。で、ここからは俺の解釈だけど「1/8程度だったら良かったし、バンドに居ることもできました。でも1/4は無理です」って、そういう返答をもらったと俺は思ってる。言っちゃ悪いけど「ぶら下がらせてくれれば良かったものを……」的なものを正直感じたかな。

Matchan:あぁ……そうっすか。ははは。

一一なんか空気が微妙(笑)。メンバーと一緒の場で、辞める本人が脱退を語るインタビューは初めてなので。

Ken:そうだよね? 意外と誰もやらないことだと思う。だからこの場に出てくれたMatchanには感謝してる。脱退の理由も、本人が「こういう気持ちでした」って語るほうが、お客さんにとっても誠実に響くんじゃないかなって。

Jun:まぁ……Matchanは加入して間もない頃から「ついていけない」「俺じゃダメなんじゃないでしょうか」的なことを何回も言ってたから。そこに今年最初のミーティングがあったのは、よりプレッシャーになったと思う。悩んでばっかりだったのに、またさらに高いハードルがあって、それを俺は乗り越えられるんだろうかって考えて。そこでの結論が……「やっぱ俺は乗り越えられません」(笑)。

Matchan:ははははは。そういうことです!

一一逆にいうと、辞めるなら今しかなかった。本気でKEN BANDが変わっていくならここで離れざるを得ない。

Matchan:そうですね。できれば……僕が気にしてるところ、みんなとぶつかっちゃう部分がなければ、そりゃKEN BANDには居たいですよ? それがどうしても解消できないから。そこは自分で限界まで頑張ってわかったことだから、もうしょうがねぇなって思いましたね。

Ken:うん。俺たちもMatchanの性格は嫌っていうほどわかってるから、これはもう、引き止められないなと。

歌い継いでいけば、あの時の彼らの想いは人前から消えない(Ken) 

一一はい。脱退が決まった時点でこの作品はすでに完成していたそうですね。このセルフコンピレーションは、どういうアイデアから?

Ken:ずっとやりたかったんだけど、今回はJunちゃんが言い始めたこと。

Jun:そう。それこそ俺が10年くらい前に加入した頃から、Kenはすでに「(コンピ提供曲などを)そのうち集めて一枚の盤にしたいんだよね」って言ってて。ただずっと「まだ今じゃない」状態だったの。で、今回NAMBA69とのスプリットがあって、時期的にいえば『Sentimental Trash』出して3年近く経ってるから、年内くらいにフルアルバムにいけたら美しいんだけど。でも現状、Kenは昨年ずっとハイスタに時間を取られてたから新曲もたいしてなくて、「じゃあ今でしょ?」って。それで来年にフルとかいけたらいいなって。

一一結果的に、過去のどの作品よりも尺の長いアルバムができました。

Ken:ははは! なんと50分弱!

Matchan:僕は一番参加してる曲が少ないんで、けっこう新鮮な気持ちで聴けましたね。あぁ、こういう曲もあったんだって改めて思い出したり……なんなら「Going South」とかネットで聴いてましたからね(一同笑)。

一一懐かしい。これはMinamiさんが加入した時のツアーお披露目曲。

Minami:そう、半分冗談みたいな曲で。まさか今これをライブでやることになるとは思わなかった(笑)。あと意外なのも多くて。わりかし初期に録音したHüsker Düの曲とか新鮮だった。たぶん今「なんかカバーしよう」って言っても、まず候補に上がってこない曲だと思う。

一一ええ。こんなKEN BANDの表情もあるんだってドキドキしました。

Ken:あ、そう? 『The Cost of My Freedom』ツアーをやった時に、まだアルバム一枚しかないから曲数が足りなくて。それでStiff Little FingersとHüsker Düのカバーを一曲ずつやってたの。で、その直後に別のレコーデイングがあったから、ついでに録ってしまおうっていう感じで。それがずっと残ってて、いつか出そう、いつか出そうと思ってた。

一一新録の中でも3曲はカバーですけど、この選曲は?

Ken:GUNS ‘N’ WANKERSの「Nervous」は、まぁ俺がこの曲すごく好きで、たまにライブでやってて。でも音源にもなってない、あんまし知られてないバンドの曲をやっても反応は薄くて、これ猛烈にいい曲だから今回レコーデイングしてみんなに認知してもらおうと。あとNO USE FOR A NAMEの「Soulmate」は、いずれ機会があったら絶対録ろうって言ってたもので。この曲に関しては、演者がいる限り曲は死なないっていう想いがあるかな。彼らはもういないけども、特に俺とかMinamiちゃんにとっては一緒に切磋琢磨してたシーンのバンドだから。彼らが活動してた証を殺さないためにも歌い継ぐ……って言うとおこがましいけど。

一一でも、誰かがやらないと、どんな名曲もなかったことになってしまう。

Ken:そうなの! それは俺、HUSKING BEEの「WALK」をやった時も、ハイスタの「STAY GOLD」をやった時もずっと感じてたこと。ハイスタの曲を初めてKEN BANDで鳴らした時はハイスタ活動停止中で。

一一サージ(初代ベース)が抜けるツアーのサプライズでしたよね。

Ken:そう。周りには驚かれたし、最初は飛び道具ではあったけど。でもやってるうちに「あ、Hi-STANDARDは動かないけど、この曲は死なないな」って思えた。サージが抜けるタイミングでやり始めたことはきっかけでしかなくて、やっぱり根底には曲を殺したくないっていう思いがあったんだと思う。HUSKING BEEの「WALK」もそう。当時彼らは解散してたけど、俺らが歌い継いでいけば、あの時の彼らの想いは人前から消えないだろうなって。

一一そして今回、もうひとつのカバーが「Brand New Cadillac」。

Ken:これはチバくんと。The Birthdayと対バンすることが最近多くて。よく「Pressure Drop」でチバくんが出てきて歌ってくれるんだけど、それがすごく心地よくて。で、あるときMinamiちゃんが「他になんかやりたい曲ないんすかね?」って言ったんだよね。俺たちとチバくんの共通項ってThe Clashのような気がしたから「The Clashで他にカバーするとして、他になんかある?」「うーん、これもカバーだけど『Brand New Cadillac』とかやりたいかなぁ」って。もう「はいっ!じゃあ録りましょう!」と。

一一(原曲の)ヴィンス・テイラーというよりThe Clashのカバーなんですね。それにしても、なぜゲストボーカルでやろうと?

Ken:いや、チバくんが好きだからじゃない?

Matchan:それしかないですよね(笑)。

Ken:もともと「誰かゲストを招いて一曲録ろう」みたいな発想ではなかった。チバくんと対バンして、何度かやるうちに「Pressure Drop」一緒にやるようになって、それが続いていって……(嬉しそうに)まぁそうやって“好き”を育む時間がいっぱいあって。

一一はははははははは!

Ken:気持ち悪いね(爆笑)。まぁ“好き”を育む時間があって、やっとこう、「Brand New Cadillac」でお付き合いさせていただいた感じ。最初の対バンが2013年で、結局あれから5年、こうやって形にできるっていうのは……音楽続けてて良かったなぁって思う。ドラマもロマンもあるよなぁって自分でもすごく思うかな。

英語詞だけど、アジアっぽいメロディもある(Jun Gray) 

一一いい話です。最後に新曲2曲について。『Sentimental Trash』から加わったロカビリー路線と、もともとあるメロディックの王道があって、これは意図的に二本立てにした感じですか。

Ken:や、全然。偶然あった素材を料理したらこうなった感じ。まず一曲目の「I Fell For You, Fuck You」はMinamiちゃんが元ネタを持ってきてくれた曲で。なんかこう、ツービートじゃない曲をやりたいねって話をしてて。メロディ自体はKEN BANDらしい要素だろうけど、ノリとか、楽器のプレイ自体は意外とチャレンジだった。

Jun:そう、エイトビートで。まぁエイトビートって俺は前のバンドの時から得意なんで。だから特に戸惑うこともなく「こういうことでしょ?」みたいな感じでパッパと作業を進めましたよ?

Ken:……なんで俺を見ながらクソドヤな顔すんの(爆笑)。

Jun:で、もう一曲のほうはロカビリーっぽい、『Sentimental Trash』以降の、Kenが最近好きな傾向になってるけど。でも最初に持ってきた時は「この曲大丈夫かなぁ?」って思った。中森明菜みたいな感じで。

Ken:そう。モロに歌謡曲みたいだったの。

一一そう言われてから聴き返すと、確かに(笑)。

Ken:うん、エイトビートだとほんとに歌謡曲になる。やっぱり小さい頃聴いてたものが出てくるんじゃない? Junちゃんがよく言うの。「海外の音をお手本にしてるようで、やっぱりKenのメロディは日本人のものだよね」って。

Jun:それが強みじゃないかなって、それはHi-STANDARDを聴いた時から思ってたけどね。英語詞だけど、どっかアジアっぽいメロディもあって、そこが支持されてるんだろうなって。メロディも含めてモロにアメリカっぽいわ、もうこれ完全洋楽だなっていうバンドではなかったと思うし。

Ken:確かに。俺、海外のバンドに憧れはあっても、別に近付こうって意識はなくて。俺は日本のポップスよりもSimon & Garfunkelとかニール・ヤングが好きだったから、当然そっちを聴いてたけど。でも歌謡曲だって当然耳にしてたし、そりゃ影響として入ってくる。発音にしてもそう。「英語で歌うなら海外で通じる発音を目指さなきゃ」って言われてもね……まぁ努力すんのはもちろん美しいけども、そこにコンプレックスはないから。

一一ネイティブの正しい発音を求めていくと、ステージからマイク投げたところでみんな歌えなくなりますからね。

Minami:そうそう(笑)。

Ken:「舌巻かなきゃ歌えない」「今のとこ“TH”入ってない!」みたいになってくる(笑)。聴き取れないって言われても、そこは歌詞カード見ればわかるんだし。だからメロディにしても発音にしても、日本訛りでいいんじゃないの? そこを完全に排除しちゃったら自分の個性ってなくなっちゃうから。俺は昔からそういう考えだな。

一一ここにある曲たちは今後のツアーでたっぷり聴けるんでしょうか。

Ken:もちろん! 今回なんでこの20曲を選んだかって、他にもこのアルバムに入れられる過去曲はあったけど、意外性はあっても「これたぶんライブでやんないだろうな」と思うものは外したの。作品として散漫にならないように。で、一番のプライオリティとしては「今後これをライブでやっていくから聴いといてくださいね」っていう、そのステートメントはしっかりある。

一一楽しみにしています。今年いっぱいまでMatchanが叩いて、そのあとは誰かがまた入ることになるんでしょうか。

Ken:うん。でも言わない。「Matchanが抜けます」ってことと「次に誰がやります」っていう、そこは一緒にしたくもないし。今はただライブを楽しみたいなと思ってる。俺にとってはどれも思い入れのある、ずっと自分の中で生き続けてる曲ばっかりだから。

(取材・文=石井恵梨子/写真=石川真魚)

Ken Yokoyama -I Fell For You, Fuck You(OFFICIAL VIDEO)

■リリース情報
『Songs Of The Living Dead』
発売:2018年10月10日(水)
価格:¥2,500(税抜)
<収録曲>
1.I Fell For You, Fuck You (新録)
2.My Shoes (V.A参加曲)
3.What Kind Of Love (V.A参加曲 / COVER)
4.My Day (V.A参加曲)
5.Nervous (新録 / COVER)
6.Don’t Want To Know If You Are Lonely (未発表曲 / COVER)
7.Swap The Flies Over Your Head (新録)
8.If The Kids Are United (V.A参加曲 / COVER)
9.You’re Not Welcome Anymore (V.A参加曲)
10.Walk (V.A参加曲 / COVER)
11.Sayonara Hotel (V.A参加曲 / COVER)
12.Going South (初音源化)
13.Brand New Cadillac (新録 / COVER)
14.Dead At Budokan (初音源化)
15.Hungry Like The Wolf (V.A参加曲 / COVER)
16.Nothin’ But Sausage (初音源化 / LIVE DVD収録曲)
17.Living After Midnight (V.A参加曲 / COVER)
18.A Stupid Fool (V.A参加曲)
19.A Decade Lived (V.A参加曲)
20.Soulmate (新録 / COVER)

■ツアー情報
『Ken Yokoyama”Songs Of The Living Dead Tour”』
10月18日(木)川崎 CLUB CITTA’
w/ SHADOWS
10月24日(水)福岡 DRUM LOGOS
w/ HEY-SMITH
10月26日(金)鹿児島 Caparvo Hall
w/ BACKSKiD
10月27日(土)熊本 Be.9 V1
w/ S.M.N
10月29日(月)広島 CLUB QUATTRO
w/ サンボマスター
10月30日(火)松山 WstudioRed
w/ サンボマスター
11月3日(土)秋田 Club SWINDLE
w/ UNLIMITS
11月4日(日)青森 Quarter
w/ UNLIMITS
11月6日(火)仙台 Rensa
w/ COUNTRY YARD
11月7日(水)郡山 HIPSHOT
w/ COUNTRY YARD
11月12日(月)高崎 club FLEEZ
w/ rem time rem time
11月13日(火)長野 CLUB JUNK BOX
w/ ENTH
11月15日(木)金沢 EIGHT HALL
w/ HAWAIIAN6
11月16日(金)新潟 LOTS
w/ HAWAIIAN6
11月27日(火)大阪 なんばHatch
w/ SiM
11月28日(水)名古屋 DIAMOND HALL
w/ SAND
12月6日(木)新木場 STUDIO COAST
w/ Dizzy Sunfist

『Songs Of The Living Dead』特設サイト
Ken Yokoyama オフィシャルサイト

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play