Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Juice=Juice&アンジュルムの“第1章”の終わり 2019年上半期ハロプロ重大ニュースを振り返る

リアルサウンド

19/7/2(火) 7:00

 2019年も6カ月を過ぎ、一年の折り返し地点に来た。このタイミングで、ハロー!プロジェクトの1月~6月の上半期における重大トピックスを選考し、この半年間に何があったのかを振り返ってみようと思う。

 まずは重要と思われるトピックスを時系列順に10個挙げていく。なお、関連する項目はひとつにまとめた。また、厳密にはハロプロではないアップフロント系グループなども、ハロプロ関連と捉えて選考の対象に含める。

【01】03.11[カントリー・ガールズ/Juice=Juice]梁川奈々美、Zepp Tokyoでのライブをもって卒業

 カントリー・ガールズとJuice=Juiceの兼任メンバーであった“やなみん”こと梁川奈々美は、昨年2018年11月2日に両グループおよびハロプロから卒業することを発表した。当時17歳高2だった彼女は、進学へ向けて勉強に専念することを卒業理由とし、芸能界からも引退することになった。

 卒業公演は、カントリーとJ=Jの合同ライブという形で、2月14日にZepp Namba、3月11日にZepp Tokyoと、大阪・東京の二箇所で行われた。ライブ前半ではJ=J、後半ではカントリーのメンバーとしてステージに立ち、本人の意見も取り入れたセットリストで数々の楽曲が歌われた。終盤では2グループ合同の卒業セレモニーのあと、J=J「Good bye & Good luck!」、カントリー「VIVA!!薔薇色の人生」の2曲を披露し、ライブを締めくくった。2グループにまたがった兼任メンバーの卒業は、長いハロプロの歴史上でも初のケースだった。

【02】03.30[モーニング娘。OG]ライブイベント『ひなフェス 2019』に鞘師里保、Wらがゲスト出演

 昨年2018年はハロプロ20周年のメモリアルイヤーという位置づけで、ハロコン等のライブイベントにかつての在籍メンバーがゲスト出演するというプレミアムな演出が相次いだ。その流れがピークに達したのが、3月30~31日に幕張メッセで行われた『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019』だろう。1日目の昼公演が「Hello! Project 20th Anniversary!!」と銘打たれ、ゲストとして辻希美・加護亜依・新垣里沙・道重さゆみ・鞘師里保の5名が登場したのだ。

 この5名はいずれもモーニング娘。OGで、新垣・道重・辻についてはこれまでもゲスト出演の機会は何度かあった。だが加護亜依は2007年の事務所契約解除以降、ハロプロのステージに戻るのはこれが初。しかも辻と一緒の出演ということで、かつて組んでいたユニット「W(ダブルユー)」の再結成が実現した。

 そしてさらにそれを上回るインパクトだったのが、鞘師里保の出演である。2015年に娘。を卒業し(ハロプロには引き続き在籍)、ダンスと英語の勉強のため海外留学へ旅立って以降、公の場に一切姿を現さなかった鞘師の突如の復活だったからだ。Wは代表曲「ロボキッス」などを歌い、13年ぶりにリユニオン。鞘師は現役モーニング娘。メンバーと共に、在籍時のシングル曲「Only you」などを披露した。

 なお、鞘師はこのライブ以前の2018年12月にアップフロントとの専属マネージメント契約を終了し、ハロプロからも卒業したことが発表されていた。つまりこの日のステージは、ファンが期待していた「ソロアーティストとして、または別の形でハロプロへ復帰、その第一歩」という意味合いとは異なるものだった。一部報道では、この時点で鞘師は芸能事務所に無所属だという情報も流れた。そして今年6月28日には、横浜アリーナでのBABYMETALのライブにサポートダンサーとして事前告知無く出演。今後の動向はまだ不明だが、ハロプロファンとしては少々複雑な思いにさせられる流れではある。

『ハロ!ステ#283』20周年企画 ゲストライブ(3.30 幕張メッセ 国際展示場 1ホール)

【03】04.17[つばきファクトリー]小野田紗栞、男性との2ショット写真についてブログで弁明

 つばきファクトリーメンバーの小野田紗栞が、一般人男性と一緒に写っているプライベート写真がネット上に流出。これを受けて小野田はブログを更新し、〈あの男性は地元のお友達です。しかし、誤解を招くような行動をとってしまったのは事実です。大変申し訳ありません。軽率だったと深く反省をしています。〉と謝罪した。

 グループ初のスキャンダルだったが、メンバー脱退などの事態へは発展せずに済んだ。しかしつばきファクトリーはこの他にもネガティブなニュースが相次いでいる。メンバーの浅倉樹々は2017年6月に腰椎椎間板ヘルニアを患い、一時活動を休止していたものの、7月以降に段階的に活動を再開。しかし今年5月にまた症状が悪化し、現在活動休止中となっている。また、メンバーの新沼希空は5月に階段で転んで尾骨骨折・臀部挫傷という全治1カ月の怪我を負った。この2人の影響で、6月からのグループ主演舞台『演劇女子部 遙かなる時空の中で6 外伝 ~黄昏ノ仮面~』は急なキャスト変更を余儀なくされた。

【04】04.19[BEYOOOOONDS]舞台『演劇女子部 不思議の国のアリスたち』で初主演(~4月29日まで)

 12人のハロプロ新グループとして昨年2018年に結成されたBEYOOOOONDS。メジャーデビューが8月に控えているが、それに先駆け、初の主演舞台『演劇女子部 不思議の国のアリスたち』が4月に上演された。結成当初、高瀬くるみ・清野桃々姫については「演技やパフォーマンスを中心とした活動」を行っていくとアナウンスされていたし、現在ライブで歌っているオリジナル曲「眼鏡の男の子」には曲中に寸劇が取り入れられていたりと、演技との親和性の高さがグループの特徴のひとつとなっている。

 メジャーデビューシングル『眼鏡の男の子 / ニッポンノD・N・A! / Go Waist』の8月7日リリースへ向けて、現在BEYOOOOONDSは毎週末に全国各地でリリースイベントを地道に開催中。ファンも着実に増えている印象がある。

『OMAKE CHANNEL』『演劇女子部 不思議の国のアリスたち』本編映像ダイジェスト

【05】05.03[こぶしファクトリー]中野サンプラザにて初の単独ホールコンサート開催

 こぶしファクトリーは、結成1年目には早々にメジャーデビューして日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞、2年目には1stアルバムをリリースと順調な活動ペースだったが、3年目の2017年にはメンバー3名が相次いで抜けて当初の8人から5人へと大幅に減員した。

 ここから巻き返しを図っていたのが2018年で、その成果のひとつといえそうなのが、初の単独ホールコンサートの実現だった。『こぶしファクトリー ファーストコンサート2019 春麗 ~GWスペシャル~』というタイトルで、中野サンプラザおよびNHK大阪ホールにて開催。近年のグループの特色であるアカペラに加え、このコンサートでは和太鼓パフォーマンスも新たに披露。現在のこぶしの充実ぶりをアピールした。

『ハロ!ステ#290』こぶしファクトリー「ドスコイ! ケンキョにダイタン」(5.3 中野サンプラザ)

【06】05.04[ハロプロ研修生]『春の公開実力診断テスト』ベストパフォーマンス賞は松永里愛

 2013年以降、毎年恒例となっているハロプロ研修生にとっての重要なステージ。観客投票によって選ばれるベストパフォーマンス賞(以下、BP賞)の行方には毎回注目が集まる。開始当初の数年ではまだそこまでではなかったが、近年はBP賞などの各賞を獲得した研修生がその後ハロプロ正規グループへ昇格される率が高く、結果的に人事に影響しているのが明らかだからだ。

 ハロプロ研修生北海道の4名を含む17名の中から選ばれた今年のBP賞は、「ガタメキラ」(太陽とシスコムーン)を歌った松永里愛だった。また、ダンス賞(と同時に観客投票2位)には工藤由愛、歌唱賞には石栗奏美、キャラクター賞には山﨑愛生という、北研からの3人が賞を独占した。そしてやはりというか、ここから正規グループへ昇格するメンバーが数名出ることになった(後述)。

『ハロ!ステ#288』研修生発表会2019 ~春の公開実力診断テスト~ダイジェスト(前編)(5.4 中野サンプラザ)

【07】06.14[Juice=Juice]新メンバー工藤由愛、松永里愛が加入

 宮崎由加の卒業を控えた3日前、Juice=Juiceの新メンバーの発表がYouTubeの特別番組内で行われた。新たなメンバーは工藤由愛(14)と松永里愛(13)で、2人ともハロプロ研修生北海道およびハロプロ研修生からの昇格である。また、前述の通り、春の公開実力診断テストでダンス賞(観客投票2位)だった工藤、ベストパフォーマンス賞(観客投票1位)だった松永という、受賞した2人がそのままJ=J入りとなった。

 宮崎卒業後にリーダーを継ぎ、グループ最年長でもある金澤朋子は23歳なので、グループ最年少となる13歳の松永とは10歳差。年齢に幅はあるが、スキル面では確かな8人組の誕生だ。

Juice=Juice 新メンバー発表スペシャル

【08】06.17[Juice=Juice]宮崎由加、日本武道館でのコンサートをもって卒業

 メジャーデビュー以降は5人組としてしばらく活動していたJuice=Juice。その期間が長かったため、メンバー追加などの際は古参ファンからの反発も少なくなかった。そしてそのオリジナルメンバーの一角がついに崩れるというのが、“ゆかにゃ”こと宮崎由加の卒業が持つ意味合いだった。

 グループとしては4度目となる日本武道館ワンマン公演だが、メンバーが卒業するライブとしては初。『ハロプロ プレミアム Juice=Juice CONCERT TOUR 2019 ~JuiceFull!!!!!!!~ FINAL 宮崎由加卒業スペシャル』というタイトルで開催されたこの日の公演は、これまでのJ=Jのライブの特徴でもある「楽曲を1ハーフではなくフルサイズで披露する」というラインに沿いつつ、メドレーコーナーを設けるなど新基軸も見られた。

 宮崎がファンへの手紙を朗読した後に一人で歌った曲は、卒業シングル「25歳永遠説」のソロ歌唱バージョンだった。J=Jおよびハロプロは卒業したが、芸能活動は継続中。

『ハロ!ステ#294』Juice=Juice「「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?」(6.17 日本武道館)

【09】06.18[アンジュルム]和田彩花、日本武道館でのコンサートをもって卒業

 ハロプロ研修生の前身であるハロプロエッグの1期生として2004年に芸能活動をスタートした“あやちょ”こと和田彩花。2009年にはスマイレージの初期メンバー4人のうちの1人に選ばれ、最年長だったのでリーダーに。その後アンジュルムへのグループ改名を経て、2017年にはハロプロ全体のリーダーにも就任した。

 そんな15年の活動に終止符を打ったのが、この日行われた『ハロプロ プレミアム アンジュルム コンサートツアー 2019春 ファイナル 和田彩花卒業スペシャル 輪廻転生 ~あるとき生まれた愛の提唱~』日本武道館公演だった。スマイレージ時代の楽曲から、アンジュルムとしての最新アルバム『輪廻転生~ANGERME Past, Present & Future~』収録曲まで、新旧ふんだんに取りそろえたセットリスト。「交差点」「夢見た 15年」というウェットな曲が2曲続くシーンでは感極まって泣き出すメンバーも出る中、対照的に和田は涙を見せず、終始強く凛とした表情でコンサートを駆け抜けた。

 恒例であるライブ終盤のソロ曲として和田が歌ったのは、スマイレージの初オリジナル曲「ぁまのじゃく」。15年間の始まりと終わりが凝縮された瞬間だった。和田はアンジュルムおよびハロプロを卒業した後も芸能活動を続ける予定

『ハロ!ステ#295』アンジュルム「帰りたくないな。」(6.18 日本武道館)

【10】06.22[モーニング娘。’19]第15期新メンバー北川莉央、岡村ほまれ、山﨑愛生が加入

 モーニング娘。の新メンバーオーディション『モーニング娘。’19 LOVEオーディション』の開催が告知されたのは今年1月2日。その後審査が進み、結果発表は6月22日、YouTubeでの生配信番組という形で行われた。

 約4500人の応募者から選ばれたのは、北川莉央(15)、岡村ほまれ(14)、山﨑愛生(13)の3名。北川と岡村の2人は東京都出身で芸能活動歴は無し。山﨑はハロプロ研修生北海道からの昇格という形で、前述の通り公開実力診断テストでキャラクター賞を受賞していた。これでモーニング娘。’19は11人から13人体制へ移行したことになり、さらにいえばアンジュルム、Juice=Juiceを含む3グループそれぞれに北研からの昇格メンバーが在籍することになった。

『ハロ!ステ#295』モーニング娘。’19 第15期メンバー決定!

 以上、2019年上半期のハロプロ重要トピックスを10個選出した。再度見出しのみを並べると以下のようになる。

【01】03.11[カントリー・ガールズ/Juice=Juice]梁川奈々美、Zepp Tokyoでのライブをもって卒業
【02】03.30[モーニング娘。OG]ライブイベント『ひなフェス 2019』に鞘師里保、Wらがゲスト出演
【03】04.17[つばきファクトリー]小野田紗栞、男性との2ショット写真についてブログで弁明
【04】04.19[BEYOOOOONDS]舞台『演劇女子部 不思議の国のアリスたち』で初主演(~29日まで)
【05】05.03[こぶしファクトリー]中野サンプラザにて初の単独ホールコンサート開催
【06】05.04[ハロプロ研修生]『春の公開実力診断テスト』ベストパフォーマンス賞は松永里愛
【07】06.14[Juice=Juice]新メンバー工藤由愛、松永里愛が加入
【08】06.17[Juice=Juice]宮崎由加、日本武道館でのコンサートをもって卒業
【09】06.18[アンジュルム]和田彩花、日本武道館でのコンサートをもって卒業
【10】06.22[モーニング娘。’19]第15期新メンバー北川莉央、岡村ほまれ、山﨑愛生が加入

 特に印象的だったのは、Juice=Juiceとアンジュルムそれぞれのリーダーメンバーの卒業公演が日本武道館で連日行われた2日間。それぞれのグループのメンバーたちがいみじくも語っていたとおり、Juice=Juiceにとってもアンジュルムにとっても、活動史の大きな節目であり、第1章の終わり、そして第2章の始まりだったのは間違いない。そしてそれはハロプロ全体にとっても何度目かの大きな句読点である。

 それでは最後に、次点の項目をグループ別に列挙して本稿を終える。

・02.08[モーニング娘。’19]野中美希、短期留学から帰国
・02.16[モーニング娘。’19]佐藤優樹、『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)に3回目の出演、「写真集で水着を着たくない理由」が話題に
・02.17[モーニング娘。’19]初のディナーショー開催
・03.02[モーニング娘。’19]「朝礼体操を踊ってみた」動画をアップ
・03.27[モーニング娘。’19]譜久村聖、リーダー歴がグループ史上最長となる
・04.05[モーニング娘。’19]佐藤優樹、TVアニメ『あはれ!名作くん』(NHK Eテレ)で声優に初挑戦
・06.08[モーニング娘。’19]香港・台北でファンミーティング(~9日まで)
・06.10[モーニング娘。’19]佐藤優樹、曲名「人生Blues」を「人生Bluetooth」と言い間違えてTwitterトレンド入り
・06.25[モーニング娘。’19]佐藤優樹、男性との2ショット写真についてブログで弁明、大学進学していたことも併せて発表
・01.28[アンジュルム]上國料萌衣、ファッションブランド『evelyn』のモデル就任
・03.30[アンジュルム]中西香菜、ライブパフォーマンス復帰
・04.08[アンジュルム]勝田里奈バースデーイベント以降、グッズのメンバーカラーTシャツが解禁の方向へ
・04.11[アンジュルム]別バージョンMV「恋はアッチャアッチャ (公式アッチャアッチャ応援隊)」公開
・05.24[アンジュルム]初のアーティストブックで、蒼井優と菊池亜希子が編集長を務めた『アンジュルムック』(集英社)発売
・05.25[アンジュルム]和田彩花卒業後の新体制はリーダー:竹内朱莉、サブリーダー:中西香菜・川村文乃と発表
・06.05[アンジュルム]山里亮太×蒼井優結婚でアンジュルムが間接的に話題に
・06.06[アンジュルム]『週刊ヤングジャンプ』(集英社)表紙&巻頭グラビアに登場
・06.26[アンジュルム]勝田里奈、今秋の卒業を発表
・06.30[アンジュルム]福岡ヤフオク!ドームでのライブイベント『FUKUOKA MUSIC FES』に出演
・01.26[Juice=Juice]宮崎由加、ファッションブランド『AnMILLE』のモデル就任
・02.21[Juice=Juice]宮本佳林&稲場愛香、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)表紙・巻頭グラビアに登場
・03.24[Juice=Juice]香港でのライブイベント『ROCK ON JAPAN 2019』に出演
・06.12[Juice=Juice]宮崎由加卒業後の新体制はリーダー:金澤朋子、サブリーダー:高木紗友希と発表
・02.09[カントリー・ガールズ/アンジュルム/Juice=Juice]梁川奈々美&船木結、『週刊ヤングマガジン』(講談社)表紙・巻頭グラビアに登場
・03.19[カントリー・ガールズ/アンジュルム]船木結、『おはスタ』(テレビ東京)おはガールを卒業
・06.21[こぶしファクトリー]和田桜子、初の写真集『桜子』(オデッセー出版)発売
・02.22[つばきファクトリー]初のアーティストブック『つばきファクトリー 1stオフィシャルブック』(ワニブックス)発売
・04.22[つばきファクトリー]『週刊ヤングマガジン』(講談社)表紙&巻頭グラビアに登場
・05.08[つばきファクトリー]浅倉樹々、腰椎椎間板ヘルニアのためしばらくの活動休止を発表
・05.16[つばきファクトリー]新沼希空、尾骨骨折・臀部挫傷のためしばらくの活動休止を発表
・05.27[つばきファクトリー]浅倉樹々、初の写真集『浅倉樹々』(ワニブックス)発売
・06.06[つばきファクトリー]舞台『演劇女子部 遙かなる時空の中で6 外伝 ~黄昏ノ仮面~』で主演(~16日まで)
・01.16[ハロプロ研修生]児玉咲子、研修活動終了
・04.02[ハロプロ研修生]楠萌生、研修活動終了
・01.16[ハロプロ研修生北海道]河野みのり、しばらく研修生活動を休止することを発表
・01.02[ハロプロ]各グループが公式インスタグラムを開始
・03.05[ハロプロ]TV番組『うたコン』(NHK総合)にハロプロ・オールスターズが出演、以降の回もハロプログループ出演多数
・03.20[ハロプロ]YouTube番組『ハロ!ステ』『アプカミ』がリニューアル
・03.21[ハロプロ]レギュラーTV番組『ハロプロダンス学園』(ダンスチャンネルby エンタメ~テレ)放送開始
・04.01[ハロプロ]テレビ東京でのレギュラー番組が『The Girls Live』から『AI・DOLプロジェクト』に移行
・05.02[ハロプロ]ライブイベント『ビバラポップ!2019』にJuice=Juice、道重さゆみ、アップアップガールズ(仮)が出演
・06.11[ハロプロ]各メンバーが公式インスタグラムを開始
・06.28[ハロプロ]『HELLO! DRIVE! -ハロドラ-』(Radio NEO)放送終了
・02.26[モーニング娘。OG]紺野あさ美、第2子男児出産
・03.13[モーニング娘。OG]道重さゆみ、大森靖子のシングルにフィーチャリング参加
・05.05[モーニング娘。OG]飯窪春菜、TVドラマ『都立水商!~令和~』(毎日放送/TBS)に出演
・05.17[モーニング娘。OG]辻希美、YouTubeチャンネル開設でYouTuberとしてデビュー
・06.26[モーニング娘。OG]市井紗耶香、参院選出馬を表明
・06.07[里田まい]第2子女児出産
・05.22[PINK CRES.]新曲「トウキョウ・コンフュージョン」MVに堀内孝雄、高山厳がゲスト出演
・04.24[矢島舞美]舞台『銀幕の果てに』で主演(~5月9日まで)
・04.26[岡井千聖]芸能活動をしばらく休止することを発表
・03.18[真野恵里菜]デビュー10周年記念ライブをZepp Tokyoにて開催
・04.23[福田花音]自身のYouTubeチャンネルで自作詞曲などのセルフカバー動画をアップ
・03.29[LoVendoЯ]岡田万里奈、KIWA TENNOZでのライブをもって卒業
・06.28[LoVendoЯ]7月末日をもって活動休止することを発表
・03.03[アップアップガールズ(2)]新メンバー島崎友莉亜、新倉愛海、森永新菜が加入
・03.06[カレッジ・コスモス]CDデビュー
・06.04[演劇女子部]石井杏奈が森本栞菜に改名
・03.27[中島卓偉]ハロプロおよびアップフロントアイドルへの提供曲セルフカバーアルバム『GIRLS LOOK AHEAD』発売
・03.31[エリック・フクサキ]ジェイピィールームとの専属マネージメント契約終了

■ピロスエ
編集およびライター業。企画・編集・選盤した書籍「アイドル楽曲ディスクガイド」(アスペクト)発売中。ファンイベント「ハロプロ楽曲大賞」「アイドル楽曲大賞」も主催。Twitter

アプリで読む