Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

AA=「THE OIO DAY」の様子。(撮影:岸田哲平)

AA=、新たなスタートを告げた全メンバー集結10周年ライブ

ナタリー

18/10/21(日) 15:05

AA=が昨日10月20日に東京・TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブ「THE OIO DAY」を開催した。

昨日はAA=の活動10周年となる節目の日となり、ライブ会場には各地からファンが集まり開演前からフロアは熱気で包まれた。開演時刻を迎えステージの暗幕が開くと、観客の前には上田剛士(Ba, Vo, Programming)、白川貴善(Vo / BACK DROP BOMB、Noshow)、児島実(G)、草間敬(Manipulator)の姿のほかに3台のドラムセットが。事前に金子ノブアキ(Dr / RIZE)がライブに参加することはアナウンスされていたが、金子のほかにZAX(Dr / The BONEZ、Pay money To my Pain)、YOUTH-K!!!(Dr / ex. BATCAVE)の2人も現れ、AA=の活動を担ってきた全メンバーがステージに集結する形となった。

割れんばかりの拍手と大歓声が起きる中で始まったのは、AA=の1stアルバム「#1」のオープニングナンバー「4LEGS GOOD, 2LEGS BAD」。AA=のシンボルである“ブタマスク”を着用した7人の気迫のこもったプレイと、すさまじい音圧のサウンドにオーディエンスの熱狂はどんどん高まっていく。トリプルドラム編成ならではのセッションが展開されたのち、ドラマーが入れ替わる形でライブは進行。MCでは上田が活動10周年を迎えることができた思いと共に、ファンやメンバー、スタッフへの感謝の思いを口にする。今後も進み続ける覚悟を宣言したのち、彼はアカペラで「HUMANITY2」を歌い上げてみせた。

さらにライブの後半では新曲「SAW」を初披露し、新たなAA=のサウンドをオーディエンスにアピール。10周年を機に進化していくことを、音でも表明してライブ本編を締めくくった。アンコールでは再びドラマー3人が勢ぞろいし、バンドは「BATTLEFIELD」「FREEDOM」をドロップ。最後は、AA=始まりの曲である「PEACE!!!」を叩き込み、強烈な余韻を残して「THE OIO DAY」に幕を下ろした。

なお昨日初披露された新曲「SAW」は、明日10月22日(月)放送のInterFM897「Ready Steady George!!」にてラジオ解禁される。

AA=「THE OIO DAY」2018年10月20日 TSUTAYA O-EAST セットリスト

01. 4LEGS GOOD, 2LEGS BAD
02. DR3 ~THE OIO DAY special performance
03. 2010 DIGItoTALism
04. posi-JUMPER
05. 憎悪は加速して人類は消滅す ~Hatred too go fast, Vanishing all human~
06. Such a beautiful plastic world!!!
07. ROOTS
08. GREED…
09. WORKING CLASS
10. Dry your tears
11. The Klock
12. HUMANITY2
13. LOSER
14. WARWARWAR
15. DREAMER
16. I HATE HUMAN
17. ALL ANIMALS ARE EQUAL
18. NEW HELLO
19. SAW
<アンコール>
20. BATTLEFIELD
21. FREEDOM
22. PEACE!!!

InterFM897「Ready Steady George!!」

2018年10月22日(月)13:00~16:00

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play