Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

安藤礼二

木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」スピンオフ企画に安藤礼二、亀有碧

ナタリー

18/11/27(火) 16:19

来年2019年2月から3月にかけ、京都、愛知、神奈川で上演される木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」スピンオフ企画「古典精読講座」の第3・4回が決定した。

「古典がつなぐアジア世界~折口信夫と演劇の起源」をテーマに掲げる第3回には、文芸評論家、多摩美術大学教授の安藤礼二が登壇。また「古典と現代文学~三島、寺山、中上と『弱法師/身毒丸』」をテーマに掲げる第4回には、東京大学大学院の亀有碧が登場する。

両回とも翻訳者・演劇研究者の林立騎が司会を務め、質問者として木ノ下裕一が参加する。講座の参加費は1000円で、第3回は11月29日、第4回は12月12日まで応募を受け付ける。応募方法は京都・ロームシアター京都のサイトで確認を。

「糸井版 摂州合邦辻」は、木ノ下歌舞伎とロームシアター京都による共同制作企画「レパートリーの創造」の第2弾。第1弾「心中天の網島ー2017リクリエーション版ー」に続き、FUKAIPRODUCE羽衣の糸井幸之介が演出を務め、監修・補綴・上演台本を木ノ下が担当する。

木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」スピンオフ!プログラム「古典精読講座」第3回「古典がつなぐアジア世界~折口信夫と演劇の起源」

2018年11月30日(金)19:30~21:30
京都府 ロームシアター京都 会議室2

講師:安藤礼二
企画・構成・司会:林立騎
質問者:木ノ下裕一

木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」スピンオフ!プログラム「古典精読講座」第4回「古典と現代文学~三島、寺山、中上と『弱法師/身毒丸』」

2018年12月13日(木)19:00~21:00
京都府 ワコールスタディホール京都

講師:亀有碧
企画・構成・司会:林立騎
質問者:木ノ下裕一

木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」

2019年2月10日(日)・11日(月・祝)
京都府 ロームシアター京都 サウスホール

2019年2月15日(金)・16日(土)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

2019年3月14日(木)~17日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

作:菅専助、若竹笛躬
監修・補綴・上演台本:木ノ下裕一
上演台本・演出・音楽:糸井幸之介
音楽監修:manzo
振付:北尾亘
出演:内田慈、田川隼嗣、土居志央梨、大石将弘、金子岳憲、伊東沙保、西田夏奈子、武谷公雄、石田迪子、飛田大輔、山森大輔

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play