Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

みふねたかし『森のレストラン』

いらすとや作者みふねたかし、tupera tuperaら参加 サントリー『空想の森』

CINRA.NET

18/12/21(金) 20:00

企画展『空想の森』が、サントリーによる「水と生きる デジタルミュージアム」で実施されている。

同展では、サントリーが「工場で汲み上げる量以上の地下水を生み出す森を育む」という目的のために立ち上げたプロジェクト「天然水の森」に実際に生息する木々が描かれた作品を公開。アーティストにはモチーフとなる木の名前は明かされず、特徴のみ伝えた上で制作されたという。

出展作家はみふねたかし(いらすとや)、亀山達矢と中川敦子によるtupera tupera、よしいちひろ、牛木匡憲、氏田雄介、Neri、一乗ひかる、小1男子の8組が名を連ねる。「水と生きる デジタルミュージアム」では作家の作品とあわせてコメントが公開中。

みふねたかしは「これからも沢山の生き物が暮らせる、きれいな水と木がある日本でいてほしいです」、tupera tuperaは「身近にある普段気にもとめていないような木も、どれも個性的。日々、いろいろな場所でいろいろな木と出会うのが大好きです」、牛木匡憲は「最初は図面の様であり、徐々に生き物の様な生命感を帯び、最終的に僕ら人間・動物の持つパワーを超えた迫力をこめたいという気持ちに至りました」と述べている。

9月に開設された「水と生きる デジタルミュージアム」は、「水と生きる」をテーマにしたアート作品をパソコンやスマートフォンなどで鑑賞できるサントリーグループ初の試み。展示は、期間限定で様々アーティストとコラボレーションした作品を展示する企画展と、水や森、生き物にまつわる作品を紹介する常設展で構成されており、第1弾企画展として高木正勝の音楽を展示する『Sound of Forest』が実施された。

みふねたかし(いらすとや)のコメント

森の動物たちが集まる人気のレストランをイメージして描きました。
これからも沢山の生き物が暮らせる、きれいな水と木がある日本でいてほしいです。

tupera tuperaのコメント

動物たちの住処にもなる、大きくて強い母のような木をイメージして作りました。私たちが初めて作った絵本は、「木」がテーマでした。ジャバラ型で屏風のように広げて立てると、並木道が広がる絵本です。身近にある普段気にもとめていないような木も、どれも個性的。日々、いろいろな場所でいろいろな木と出会うのが大好きです。

よしいちひろのコメント

いただいたお題の木は、こどもが育むべき自己肯定力を連想させました。こどもは放っておいても大きくなります。むしろ世話を掛けすぎるのは良くないかもしれない。でも人の心の幹になるべき自身を信じる力は、こまめにていねいに手間と愛と時間を掛けて、初めて育つものだと感じます。

牛木匡憲のコメント

いただいたお題をそのまま細かい部分まで説明的に描いてみました。説明的に要素を描き入れてみた理由は徐々に見えてくる色、形を自分自身で楽しみたかったから。最初は図面の様であり、徐々に生き物の様な生命感を帯び、最終的に僕ら人間・動物の持つパワーを超えた迫力をこめたいという気持ちに至りました。それは水を養分として酸素を生み出すその仕組みが当たり前のことの様に思いがちだが、あまりにも神秘的で僕らが生きていける根源的仕組みだからです。

氏田雄介のコメント

王冠のような純白の葉っぱ。ルビーのような木の実。地面から勢いよく顔を出す新芽。鬱蒼と生い茂るサントリーの森の中で、堂々と輝く王様をイメージして描きました。それはそうと、「真っ白な紅葉」って面白い言葉ですね。

Neriのコメント

虫たちが集まるギザギザ葉っぱの「虫のカフェ」を描きました。大人気で虫たちが行列を作って並んでいます。サントリーが水のために、森だけじゃなくそこに住む小さな生き物たちまで守る活動をしているということを知り驚きました。100年先まで豊かな森が続き、変わらず美味しい水が飲めるのはとても幸せなことだなと思いました。

一乗ひかるのコメント

謙虚で、他の木のために土を豊かにしてから枯れてしまう木だなんて、とても変わっているので、きっと不思議な雰囲気をもっているのかな、と思いました。周りの植物や鳥たちに見守られながら枯れていくのですかね。

小1男子のコメント

めちゃくちゃ大きいから、横と上と下に広がった40メートルなので、半分晴れ、また半分雨、半分台風、つまり大きいということを証明して、雷と同じくらいってことを証明したい。(左上のやつ)は、太陽が光ってるときに出るやつを描いた。

アプリで読む