Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

TWICE、新アルバム『BDZ』プレミアム試写会に登壇 ドキュメンタリー映像にメンバーが涙

リアルサウンド

18/9/2(日) 22:20

 TWICEが9月2日、新宿ピカデリーで行われたJAPAN 1st ALBUM『BDZ』のプレミアム試写会にサプライズ登壇した。

参考:TWICE、Superorganism、Now United……エンタメ業界における多国籍グループの波

 TWICEは、ナヨン、ジョンヨン、モモ、サナ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨン、ツウィからなるアジア発の多国籍9人組グループ。同イベントは、9月12日の『BDZ』リリースに先駆け、表題曲「BDZ」MVを映画館の大画面で上映するもの。そのほか、初公開のメイキング映像、日本の活動をまとめたドキュメンタリー映像の上映、メンバーのトークセッションなどが行われ、来場した多くのファンを驚かせた。

 “BDZ”は“ブルドーザー”の略となっており、ジヒョは「愛と幸せに向かって、目の前の壁を壊し、ブルドーザーのように“強く!”、“前へ!”進んでいこうとする思いを込めた楽曲です」と解説。ダヒョンも「ヒーローの演技とか、とても楽しかったです」とMV撮影を振り返った。 また、ツゥイが「ダンスもとても印象的で、みなさんに踊っていただきたいです」と語り、メンバー全員でブルドーザーをイメージした振り付けを披露する一幕も。

 挨拶の後は、メンバーがファンと一緒に「BDZ」MVを映画館のスクリーンで鑑賞。同MVは、「悪者たちに愛(ラブリー)を盗まれ、荒れ果ててしまった世界からTWICEが愛を取り戻すために悪者たちと戦う」というストーリー仕立てになっている。上映後の感想を問われたジョンヨンは「映画みたいでした!」、モモは「映画館で見ると、本当に迫力ありますね!」と喜びを示した。あわせて流れたメイキング映像については、ナヨンが「実はダンスのシーンはメンバー全員が振りを一回ずつ間違えてたりして……」と制作裏話を明かした。

 MVの冒頭のナレーションはサナが担当しており、「録音の時間がなかなかとれなくて、ツアー中のマレーシアのホテルで一人で録音しました」とのエピソードを披露。するとジヒョが「サナちゃんにここでナレーションを再現してもらいたいです!」とサナに無茶振り。サナが照れながらONCE(TWICEファンの呼称)へのメッセージをナレーション風に披露すると、会場は大きな盛り上がりを見せた。

 さらに、ドキュメンタリー映像もサプライズ上映され、日本デビューからこれまでの活動が「Be as ONE」と共に映し出された。鑑賞後にダヒョンは「今まで、ONCEのみなさんが愛してくださって、本当に感動しました」、ジョンヨンは「TWICEって素敵ですね」と涙を浮かべながら振り返った。

 ミナは「私も「Be as ONE」を聴くと泣いてしまうのですが、この映像を観ていつもONCEが一緒にいてくれていると改めて思いました。良い思い出を一緒に作ってくれたONCEのみなさんに感謝の気持ちがいっぱいです」と感謝の気持ちを述べた。ジヒョは「この1年間は忙しく過ごしてきたので、少し忘れていたところもあったと思います。この映像を観て、楽しかったこと、大変だったこと、改めて思い出の瞬間を振り返ることができました。これからもONCEのみなさんと一緒に思い出や記憶を分かち合っていきたいです」と語った。

 最後の一言を問われると、ツゥイが「ONCEのみなさん、大好きですー!」、モモ「「BDZ」のダンス、みなさんぜひ覚えてくださいね!」など、それぞれファンへの感謝を述べ、イベントは幕を閉じた。なお、イベントで公開したドキュメント映像は9月12日からYouTubeのTWICE JAPANの公式チャンネルで公開予定となっている。(泉夏音)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play