Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「運び屋」メイキング写真。左からクリント・イーストウッド、マイケル・ペーニャ。

イーストウッドは生きる伝説、「運び屋」マイケル・ペーニャらのコメント到着

ナタリー

19/2/9(土) 12:00

クリント・イーストウッド監督・主演作「運び屋」より、キャストのローレンス・フィッシュバーンとマイケル・ペーニャのコメントが到着した。

実話をもとにした本作は、思いがけず麻薬カルテルの運び屋として働くことになった老人アール・ストーンの物語。「グラン・トリノ」以来約10年ぶりに、イーストウッドが自身の監督作で主演を務めた。

イーストウッドの監督作「ミスティック・リバー」にも出演したフィッシュバーンは、今作に麻薬取締局の主任特別捜査官(SAC)役で参加。「15年ぶりぐらいにクリントと組むことがうれしかったよ」と喜びを隠さない彼は「クリント・イーストウッドのような人物はそんなにいない。幸運にも、彼との共演シーンが1つあった。そのことを永遠に感謝するだろうね」と語る。

また、イーストウッドが2004年にメガホンを取った「ミリオンダラー・ベイビー」に出演したペーニャは、「クリント・イーストウッドは生きる伝説だ」と断言。麻薬取締局の捜査官を演じた彼は、「クリントは使える“かもしれない”ショットに時間を費やさない。使うとわかっているものしか撮影しないんだ。彼は優れたストーリーテラーであり、記憶力も半端じゃない。だから、2つか3つのテイクを撮れば頭の中で編集できてしまうんだよ」と述べている。

「運び屋」は3月8日より全国ロードショー。

(c)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える