Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

古田新太主演『俺スカ』クランクアップ King & Prince 永瀬廉「またみなさんとご一緒できたら」

リアルサウンド

19/6/21(金) 17:00

 現在日本テレビ系にて放送中の古田新太主演ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』が、6月22日に最終回を迎える。

参考:場面写真はこちらから

 本作は、ゲイで女装家の高校国語教師・原田のぶお(古田新太)が主人公の学園エンターテインメント。「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立・豪林館学園高校に、ゲイで女装家の原田のぶおが赴任した。酸いも甘いも噛み分けた原田のぶおにしか生徒に伝えられないことがある。歯に衣着せぬ原田節が教育現場で炸裂。奇想天外で破天荒な原田が、巨大な権力に負けない力を発揮し、生徒の心を解き放つ。

 主人公・原田のぶお役で主演を務める古田のほか、松下奈緒、白石麻衣、永瀬廉(King & Prince)、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、長尾謙杜(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、高橋ひかる、竹内愛紗らが共演に名を連ねる。

 最終回では、原田のぶおが豪林館学園高校を辞め、その原田の不在に2年3組の生徒たちが寂しさを感じる。明智(永瀬廉)が、原田がやりたいと言っていた卒業式をやろうと提案し、他の生徒たちも賛成。2年3組だけの早めの“卒業式”を行うことになる。若林(長尾謙杜)らみんなが盛り上がる中、東条(道枝駿佑)は複雑な心境だった。東条は、原田が辞めた本当の理由は体調が悪化しているからではないかと考えていた。原田に卒業式のことを伝えるため、東条は長井(松下奈緒)に原田の家を教えてほしいと頼む。長井は、東条を連れて病院へ向かう。原田は入院していたのだ。東条から話を聞いた原田は、「卒業式」に行くことに。そして、2年3組と原田のための“卒業式”当日を迎える。

 先日、この最終回のクライマックスである卒業式シーンの撮影が行われ、生徒役のキャストがクランクアップを迎えた。教室のセットの黒板には、生徒役キャスト全員が原田含むクラス全員の似顔絵を書いた。撮影を終えると、全員がスタッフに一人ずつ名前を呼ばれ、古田から花束を受け取り、同じくクラックアップを迎えた副担任・田中みちる役の桐山漣も見守る中、壇上でスピーチした。

 出演者が撮影の感想やお礼を語る中、道枝は1人だけ翌日も撮影が残っていたため、セットの裏では握手攻めだったそうで、最後に名前を呼ばれた永瀬は、凛とした表情で挨拶をした。最後は全員揃って記念写真の撮影。撮影が終わっても教室に残り各々会話を楽しんだり、写真を撮りあったりと和やかな雰囲気に包まれた。

 そして翌日、主演の古田もラストシーンを撮り終わりクランクアップ。花束だけでなく2年3組の生徒たちからの寄せ書きを受け取ると、にこやかに挨拶をした。

 永瀬、道枝、長尾、古田からはコメントも寄せられている。

コメント一覧
永瀬廉(King & Prince)
みなさん、三ヶ月間本当にお世話になりました。学園ものは初めてで、古田さん、桐山さんはもちろん、スタッフさん、そしてクラスのみなさんと三ヶ月間、とても楽しい青春を送れました。
もっと人として、そしてお芝居のスキルも上げて、またみなさんとご一緒できたらって思っています。三ヶ月間、本当にお疲れ様でした! ありがとうございました!

道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズ Jr. )
みなさん、三ヶ月ありがとうございました! 学園ものは初めてだったので、クラスの子達とどう馴染めるかということは気になっていたんですが、みなさん温かく迎えてくれて本当に楽しかった現場でした。またみなさんとご一緒できるように頑張りますので、よろしくお願いします。ありがとうございました!

長尾謙杜(なにわ男子/関西ジャニーズ Jr.)
お疲れ様でした! 初めての連ドラで不安が多かったんですが、いざ来てみればすごく温かい現場で本当に楽しかったです。スタッフのみなさんも、ありがとうございました。これから「俺スカロス」が始まると思うんですが、それに耐えて頑張りたいと思います。なにわ男子というグループでこれからもやっていくので、なにわ男子というワードを見たら、頭の片隅でもいいので、「あっ、あいつら頑張ってんねんな」と思ってもらえれば嬉しいです。ありがとうございました!

古田新太
ありがとうございました。お疲れ様でした。1クール非常に楽しく過ごさせていただきました。
初めて学園モノで生徒たちのことをかわいいと思いました(笑)。35年やってきて初めてです(笑)。今度打ち上げでみんなと美味しいお酒を飲みたいと思いますけど、オイラは今日から美味しいお酒を飲みます(笑)。お疲れ様でした!
※高橋ひかるの「高」はハシゴダカが正式表記。
(文=リアルサウンド編集部)

アプリで読む