Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

おおのの♪最後の公演「ザ・漱石 再演ニ非ズ」チラシ表

おおのの♪最後の公演「ザ・漱石 再演ニ非ズ」加納幸和ら日替わり文豪ゲストも

ナタリー

19/1/22(火) 10:52

おおのの♪最後の公演「ザ・漱石 再演ニ非ズ」が3月6日から12日に東京・シアター711にて上演される。

おおのの♪は、花組芝居・演出部の大野裕明による個人ユニット。これまでに文豪や映画監督らの人生をモチーフにした作品を手がけており、今回は夏目漱石とその妻・鏡子に焦点を当てた物語を立ち上げる。

なお本作はおおのの♪の最後の公演となる。上演に向けて大野は、「最後にどんな作品をやろうか考えたとき思い浮かんだのが、10年前、花組OFFシアターで初めて脚本演出した、『ザ・漱石』という作品でした」と語り、「10年経って自分がどう歩んできたのか? そして今回どんな舞台を創るのか? どうか皆様、見届けてください。あ、再演と書いてありますが、非ズですから」とコメントしている。

出演には花組芝居の大井靖彦のほか、川西佑佳、藤澤志帆、丸川敬之、森屋正太郎、原愛絵、土屋杏文、実近順次が名を連ねており、さらに花組芝居座長・加納幸和をはじめとする日替わり文豪ゲストが出演する。チケットは2月3日に発売。

大野裕明コメント

これでおおのの♪はお終いです。最後にどんな作品をやろうか考えたとき思い浮かんだのが、10年前、花組OFFシアターで初めて脚本演出した、「ザ・漱石」という作品でした。夏目漱石と彼に憧れる門弟の話でした。最後だから言うと、我が師匠・加納幸和と僕の話でもありました(笑)。10年経って自分がどう歩んできたのか? そして今回どんな舞台を創るのか? どうか皆様、見届けてください。あ、再演と書いてありますが、非ズですから。 

おおのの♪最後の公演「ザ・漱石 再演ニ非ズ」

2019年3月6日(水)~12日(火)
東京都 シアター711

原案:夏目鏡子、松岡譲「漱石の思い出」、夏目漱石 
脚本・演出:大野裕明
出演:大井靖彦、川西佑佳、藤澤志帆、丸川敬之、森屋正太郎、原愛絵、土屋杏文、実近順次 ※ほか日替わり文豪ゲストあり。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える