Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

劇場版最新作『ONE PIECE STAMPEDE』来年8月9日公開 “巨大な瓦礫モンスター”登場の特報も

リアルサウンド

18/12/12(水) 6:00

 『ONE PIECE』の劇場版14作目のタイトルが劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』に決まり、2019年8月9日に公開されることが決定。あわせてティザービジュアルと特報映像が公開された。

参考:『進撃の巨人』『NARUTO』『モンスターハンター』……日本IPのハリウッド実写化が加速した背景

 累計発行部数が全世界で4億4000万部(2018年7月時点)を超える尾田栄一郎の人気コミックス『ONE PIECE』。1999年からはアニメ(フジテレビ系)の放送も開始され、劇場版シリーズも話題に。2009年公開の『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』は興行収入48億円、2012年公開の『ONE PIECE FILM Z』は68.7億円、2016年公開の『ONE PIECE FILM GOLD』は52億円を記録し、シリーズ13作累計300億円以上の興行収入をあげている。

 前作の公開から3年ぶりの劇場版最新作となる本作は、アニメ『ONE PIECE』の放送20周年記念作品でもあり、サブタイトルの“STAMPEDE(スタンピード)”は、「熱狂的行動」「殺到」「暴走」を意味する。

 公開されたティザービジュアルには、砂塵に舞う麦わら帽子と、本作のキーとなる“土煙の立ち込める瓦礫の山から姿を現す巨大なモンスター”が描かれている。さらに特報では、赤髪のシャンクスとの約束、「海賊王におれはなる!!!」という衝撃的なセリフで始まった「ルフィの旅立ち」から、多くのファンを魅了した“約束”“旅立ち”“願い”“闘い”そして“仲間”を描く数々の名シーンが映し出される。そして、おどろおどろしい音とともに、ティザービジュアルにも描かれている巨大な瓦礫のモンスターの姿も確認できる。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play