Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ボイス 110緊急指令室」記者会見にて、左からYOU、増田貴久、唐沢寿明、真木よう子、木村祐一。

唐沢寿明の魅力で真木よう子がNG?増田貴久は「ピストル 持ち方」で画像検索

ナタリー

19/6/29(土) 19:46

連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の記者会見が、本日6月29日に東京都内のスタジオで行われ、キャストの唐沢寿明、真木よう子、増田貴久(NEWS)、木村祐一、YOUが出席した。

本作は警察の緊急指令室に発足した捜査ユニット・ECU(Emergency Call Unit)で、刑事たちが“声”を手がかりに事件を解決していくサスペンス。妻を殺され復讐に燃える刑事・樋口彰吾を演じる唐沢は、役の背景や事件の描写から「あまりワーキャーやる現場じゃないですね、ちょっとキツい内容なので。さすがの僕もふざけられない」と本音を漏らした。

真木演じる橘ひかりは緊急指令室の室長で、ボイスプロファイラー(声紋分析官)という役どころ。樋口とはバディを組む関係性になっていく。真木は唐沢の印象を尋ねられると「かっこいいんですよ……」と照れ笑い。「まだ2人の距離が縮まってない段階の撮影で、樋口に『ちょっと来い』と言われるシーンがあって、思わず付いて行っちゃったんです。演出家の方に『まだ素直に付いて行かないで』と注意されてしまいました」と、無意識に体が動いてしまったことを明かした。

樋口を「兄貴」と慕う捜査員・石川透役の増田は、初の刑事役に挑む。「警察官になるために、まず体づくりから始めました。あと『警察官 画像』『ピストル 持ち方』で画像検索もしました」とインターネットを駆使した役作りを説明。「今、だいぶ警察官が(自分の)中に入ってます」と自信をのぞかせる。唐沢が「警察監修の方から柱に隠れて銃を持つのを教わったあと、隠れる練習をずっと1人でやってたよね。もういいだろ!って思うくらい」と熱心さに言及すると、増田は「敵がいた場合、柱から顔を出すのか、足を出すのか? 急にそのシーンが来たら怖いなと思ったので。今のところは予定ないんですけど……」と笑いつつ、入念なイメージトレーニングの様子を再現してみせた。

シリアスな雰囲気がただよう撮影だけに、役者陣は気持ちの切り替えが難しい様子。現場では唐沢の誕生日を祝う一幕もあったようだが、ちょうど樋口が妻の死体を見る痛ましいシーンの撮影時に行われたという。木村が「死体が転がってるわ、雨は降ってるわの中で、ケーキが運ばれてきて……」と嘆くと、唐沢も「カメラテストが終わったタイミングに、スタッフさんが『今日は唐沢寿明さんの誕生日です!』ってね。このまま本番行ってほしいなあって思ってましたよ!」と、素直に喜べなかったエピソードで笑いを起こした。

「ボイス 110緊急指令室」は7月13日に日本テレビ系で放送開始。

ボイス 110緊急指令室

日本テレビ系 2019年7月13日(土)スタート 毎週土曜 22:00~

アプリで読む