Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

TOKIO 松岡昌宏、神田松之丞が語る桂歌丸エピソードに感動 「なんですか、この綺麗なオチは!」

リアルサウンド

19/4/25(木) 12:30

 TOKIOがMCを務めるバラエティ『TOKIOカケル』(フジテレビ系)。4月24日放送回では、ゲストに神田松之丞が出演した。

(関連:TOKIO 長瀬、KAT-TUN 亀梨、Hey! Say! JUMP 山田…ソロデビュー果たすジャニーズの共通点は?

 今回は「お呼ばれしちゃいました 出張トキカケ」をオンエア。TOKIOは、天才講談師・神田がいる『お江戸上野広小路亭』(以下、広小路亭)に足を運んだ。『広小路亭』では、企画「生まれて初めて聞かれました」を展開。まず国分太一は「城島茂伝を講談してください」と依頼し、神田に城島の半生を講談してもらうことに。

 中学3年までうつむいた人生だったが、少年隊に心打たれジャニーズに入ることを決意したことや、履歴書を送るとジャニー喜多川から連絡があり面接なしでジャニーズに入所したことなど、神田の講談によってテンポよくエピソードが語られる。また、雑誌『Seventeen』のモデルを務めるなどしたものの、ダンスが苦手なせいでバックダンサーとして機能せず、“麦踏みダンス”と言われていたことなども明かされた。講談を聞いたTOKIOは感激。城島も「内容がドンピシャ」と絶賛した。

 松岡昌宏から「人生で一番ビビった人は?」と聞かれると、神田は「桂歌丸師匠」と回答。1年目のときに、歌丸の100万円相当の着物を畳まなければならなかったものの、畳み方が悪くシワだらけにしてしまった神田。歌丸の着物を二度と畳めなくなってしまったという。しかし、歌丸は「俺もシワつけたことあるから同じなんだよな……」と言っていたよう。この歌丸の言葉から、神田は後輩からシワをつけられても、怒るのではなく、自分も同じようなことをしたと思い出すことが大事なのだと感じたという。その話を聞いた松岡は「なんですか、この綺麗なオチは!」と感動。また、国分が「何が気になるってね、良いこと言うときの顔があるのよ」とコメントすると、神田は「自分のテレビ見ながら腹立つときがあるんですよね」と返答し、TOKIOを笑わせた。

 続いて長瀬智也は「どんな思春期だった?」と質問。すると、神田は中学2年のときにEDになったことを暴露する。中学時代両思いになった女性から告白された際に、EDを治してから付き合いたいと思った神田は「今はその時期じゃない」と返答してしまったと明かした。

 最後に番組では、神田に人生初のドッキリを仕掛けることに。このドッキリは、神田オススメのとんかつ屋『井泉』に向かったものの定休日で、TOKIOとスタッフが神田を追い詰めるというものだ。さっそく店に向かう一行。定休日であることがわかると松岡は「いやいやいや、それはなしでしょう」と反応するなどして、神田にプレッシャーをかける。神田は焦りうろたえていると、国分がドッキリであることを明かした。神田は「びっくりした! そして初めてのドッキリ」と安心してる様子。松岡は「僕らも今までやったことがない手の込んでないドッキリ」と返答した。

 次回は5月1日放送。ゲストとして杏が出演予定だ。(向原康太)

アプリで読む