Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―」完成披露試写会の様子。左から百瀬義行、坂口健太郎、篠原湊大、尾野真千子、木村文乃、木村カエラ、鈴木梨央、田中泯、米林宏昌、山下明彦。

「ちいさな英雄」木村文乃がカニ語アフレコに苦戦、坂口健太郎は調布を懐かしむ

ナタリー

18/8/19(日) 18:53

「ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―」の完成披露試写会が本日8月19日に東京・品川ステラボールで行われた。

「メアリと魔女の花」で知られるスタジオポノックが手がけた本作は、3本の短編からなるオムニバスアニメ。舞台挨拶には「カニーニとカニーノ」から木村文乃、鈴木梨央、監督の米林宏昌、「サムライエッグ」から尾野真千子、篠原湊大、坂口健太郎、監督の百瀬義行、「透明人間」から田中泯と監督の山下明彦が登壇した。

イベントでは作品ごとのキーワードをテーマに登壇陣がトークを繰り広げた。「透明人間」は見えない男の孤独な闘いを描いた作品。「存在」という言葉を掲げながら、山下は「そこにいるんだけど、いないも同然という扱いを受けている人々を描きたかった」とテーマに言及。盲目の男役で出演した田中は、アフレコに目をつむって臨んだという。「見えてしゃべるのと、見えないでしゃべるのはまったく世界が違うんです。要するに絵を見ないでアフレコしました」と振り返った。

「サムライエッグ」のキーワードである「歯」について、百瀬は「生命とか成長とか、そういうものの象徴として見えるといいな」と説明。また尾野は「とってもやりにくかった!」というプレスコ方式での録音を述懐していく。「アフレコ自体もあまり経験ないのに、また違うやり方で。とても苦労して声優さん超すげえなって尊敬しました(笑)」と話すと、尾野だけこの方式を取った理由について百瀬は「俳優さんなのでセリフをしゃべっていると自然に演技が出てくる。それを見ながら絵を起こしてリアリティを出したかった」と明かした。同作の舞台である東京・調布に学生時代はよく通っていたという坂口は「劇中に出てくる夏祭りで友達と一緒に遊んだりしてましたね。街並みにも懐かしみを感じながら録ってました」とほほえんだ。

全編が「カニ語」のセリフで物語が展開する「カニーニとカニーノ」。木村は「伝えたい気持ちがあったら、意外と言葉の形はいらないんだなと。カニ語っていうちょっと面白い言語を大人たちが頭をそろえて真剣に考えるのはシュールでした」とアフレコを振り返る。「でもアドリブが多かったのでその部分は苦労しました。一瞬迷ったときにうっかり『よいしょ』って言っちゃったり(笑)」と笑いを誘う場面も。

また舞台挨拶にはエンディングテーマ「ちいさな英雄」を歌う木村カエラが出席。「親の無償の愛とか、子供が伸び伸び育っていく喜びが表現したかった」と語ったのち、楽曲を生披露し、イベントは幕を閉じた。

「ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―」は、8月24日より全国ロードショー。

(c)2018 STUDIO PONOC

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play