Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「えいがのおそ松さん」アフレコ現場にて、前列左から入野自由、福山潤、中村悠一、櫻井孝宏、神谷浩史、小野大輔。後列左から斎藤桃子、飛田展男、鈴村健一、遠藤綾、上田燿司、國立幸。

日本よ、これがおそ松だ!6つ子キャスト集結のアフレコレポート、総選挙も実施

ナタリー

18/12/6(木) 10:00

「えいがのおそ松さん」のアフレコレポートが到着。また特別企画として「おそ松さん総選挙」の実施が決定した。

「えいがのおそ松さん」は、テレビアニメ「おそ松さん」の完全新作となる劇場版。アニメーション制作と並行して、去る11月にレギュラーキャスト陣によるアフレコが行われた。収録は各パートごとに、テストを経て本番に挑むという流れで粛々と進行。おそ松役の櫻井孝宏は、コの字に設置されている長椅子のセンターに着席して“長男”の貫禄を感じさせ、動物が出るシーンの合間には“動物に嫌われる櫻井”のエピソードトークで一同が盛り上がった。カラ松役の中村悠一は歌うシーンを控え「本当に苦手なんだよ……」と苦笑いを浮かべていたが、収録では肩を揺らして歌唱を披露する。

チョロ松役の神谷浩史も、歌のシーンに全力投球。本番直前、キャストが次々戻ってくるブース内で突然高らかに歌い上げ、場の空気を温める場面も。一松役の福山潤は本番のたびに「よろしくお願いしまあす!」とはつらつとした声で気合を入れ、ムードメーカーとして存在感を見せつける。十四松役の小野大輔は役と真逆の真面目さで集中するが、マイク前で声を発した瞬間キャラクターになりきって共演者を爆笑させ、トド松役の入野自由はいきなり沸点に到達するキレ芸で羨望の眼差しを受けた。

アフレコを終え、櫻井は「『日本よ、これがおそ松だ』と言っていいほどの圧倒的なストーリーでした」と自信を持ってコメント。なおアフレコにはイヤミ役の鈴村健一、チビ太役の國立幸、デカパン役の上田燿司、トト子役の遠藤綾、ハタ坊役の斎藤桃子、ダヨーン役の飛田展男も参加した。

また1月18日にリリースされる「おそ松さん」第1期 Blu-ray / DVD BOXの特別企画として、「おそ松さん総選挙」が開始。好きなエピソード、サブキャラと非日常キャラ、セリフとワードの3つの投票項目が設けられており、特設サイトと全国のアニメイト店頭ポップから12月31日まで投票可能だ。投票参加者には全員にオリジナルのスマートフォン用壁紙が贈呈されるほか、抽選で6つ子キャスト全員のサイン入りグッズが贈られる。

さらに本日より、第1期を場面写真や動画で振り返るスペシャルサイト「松まとめ」が公開に。キャスト陣が選んだオススメのエピソードも視聴できる。

「えいがのおそ松さん」は3月15日より全国ロードショー。

櫻井孝宏 コメント

「日本よ、これがおそ松だ」と言っていいほどの圧倒的なストーリーでした。
2023年の公開をお楽しみに!
え! 来年なの!?

(c)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

アプリで読む