Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「万引き家族」 (c)2018 フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

たけしが選ぶ東スポ映画大賞で「万引き家族」4冠!新人賞はしゅはまはるみ

ナタリー

19/1/30(水) 12:32

ビートたけしが審査委員長を務める第28回東京スポーツ映画大賞の結果が発表された。

全国の10の映画祭ディレクターが選考したノミネート作品をもとに、たけしが独断で選ぶ同賞。是枝裕和が監督を務めた「万引き家族」が、作品賞を含む4冠に輝いた。リリー・フランキーが主演男優賞、安藤サクラが主演女優賞、松岡茉優が助演女優賞に選ばれている。

製作費300万円の自主制作映画ながら興行収入31億円のヒットを記録した「カメラを止めるな!」からは上田慎一郎が監督賞、しゅはまはるみが新人賞に。そのほか「孤狼の血」の松坂桃李が助演男優賞に選出。また外国作品賞は1月28日時点で興行収入105億円、累計動員760万人を記録している「ボヘミアン・ラプソディ」という結果になった。

もともと助演女優賞にノミネートされていたが、たけしの独断で急遽、新人賞に選ばれたしゅはま。彼女は自身のブログで「44歳、死にたいときもあったけど、生きていて、生かされていてよかった。家族や仲間を始め、しゅはまを活かしてくれた全ての皆様に深く甚だしく感謝します!!」「ビートたけしさんはしゅはまの神になりました」と喜びをつづっている。

第28回東京スポーツ映画大賞の授賞式は、2月24日に東京都内のホテルで行われる。

第28回東京スポーツ映画大賞 受賞結果

作品賞

「万引き家族」

監督賞

上田慎一郎「カメラを止めるな!」

主演男優賞

リリー・フランキー「万引き家族」

主演女優賞

安藤サクラ「万引き家族」

助演男優賞

松坂桃李「孤狼の血」

助演女優賞

松岡茉優「万引き家族」

新人賞

しゅはまはるみ「カメラを止めるな!」

外国作品賞

「ボヘミアン・ラプソディ」

アプリで読む