Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から清水くるみ、浅香航大。

浅香航大、清水くるみが朝井リョウ小説の魅力語る「共感するキャラがそれぞれ違う」

ナタリー

19/4/27(土) 19:52

朝井リョウ原作2本立て試写会が4月26日に東京・スペースFS汐留にて行われ、浅香航大、清水くるみが出席した。

「桐島、部活やめるってよ」「チア男子!!」の両作に出演している浅香と清水。浅香は「『桐島』が自分にとって初の映画だったので、とても思い入れもありますし、何も知らない中で同じ世代の役者さんたちで芝居をやって忘れられない思い出です」と当時を振り返る。清水も「私もほかのみんなもがっつり出演するのは初めてだったと思うんですけど、この作品をきっかけにがんばっていこうという圧がすごかったです」と話した。

清水が「高知に泊まり込みでしたし、みんなでごはん食べたりして、この歳でこの作品だったからなんだろうなと思います。今思うと恥ずかしいんですけど、芝居のことをみんなで熱く語ったりして、今思うと若かったなって」と述懐すると、浅香も「あんな現場絶対ないよね! あとにも先にも」とお互い当時を懐かしむ。さらに、撮影時の思い出について聞かれた浅香は「夜更かしして遊んだりしてキャスティングプロデューサーにロビーで怒られたり、ホテルの屋上に行って皆で星を見たりしたよね?」と青春を感じさせる秘話も明かした。

そして「チア男子!!」の出演オファーがあったときに若干プレッシャーを感じたと話す浅香は「また朝井さんの作品に出ることへの意義を感じましたね」と打ち明け、清水は「また朝井さんの作品で、やったーうれしいと思いました! ほかの作品でもそうなんですけど『桐島』のキャスト陣がいると安心します」とうれしそうに話す。

朝井の小説の魅力について、浅香は「共感しやすいのは朝井さん自身が人をよく見てるからだと思う。世代に関係なくそれぞれに共感できるキャラクターがいて、葛藤や悩みも含めて奥深いんだと思います」とコメント。清水は「両方の作品に共通しているのが、自分が泣いているシーンで周りは笑っていることがあったりして、共感するキャラクターがそれぞれ違ったり、いろんな感想があるのが面白いなと思いました」と続けた。

最後に清水は「(劇中チアチームの)BREAKERSのみんなが本当にがんばっていて。公開日に発売するメイキングDVDを見ると、それがよくわかるかと思います」、浅香は「死ぬ気で練習して大変だったけど、それがスクリーンに出ています。自分で言うのもあれだけど報われたらいいなと思います」と「チア男子!!」をアピールした。

「チア男子!!」は5月10日より全国でロードショー。幼い頃から続けてきた柔道をけがのために断念した大学生・晴希が、親友の一馬とともに男子チアチームを結成し、大舞台に挑むさまが描かれている。

(c)朝井リョウ/集英社・LET'S GO BREAKERS PROJECT

アプリで読む