Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Snow Man 岩本、SixTONES 松村、Travis Japan 松田……2019年期待のジャニーズJr.

リアルサウンド

19/1/12(土) 10:00

 2018年12月31日、『週刊女性PRIME』(主婦と生活社)が「好きなジャニーズJr.2018」を発表した。YouTube公式チャンネル『ジャニーズJr.チャンネル』での活躍もあり、お茶の間にも少しずつジャニーズJr.たちの名前が広がりはじめている。そんなジャニーズJr.を牽引しているのが、今回ランクインしたメンバーたちだ。本稿では、とりわけ今後さらに躍進しそうなメンバーをピックアップ。改めて彼らの魅力をご紹介したい。

(関連:SixTONES、Snow Man、なにわ男子ら東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』への期待

■バッキバキの筋肉とカワイイ笑顔のギャップ! Snow Man 岩本照

 ジャニーズJr.内ユニットの中でも、トップをを争う人気を誇るSnow Man。高い身体能力とキレキレのダンスを武器に、これまで多くの舞台に出演してきている。最近でも『JOHNNYS’ King & Prince IsLANDS』に出演、2月3日からは『滝沢歌舞伎ZERO』への参加も決定している。大活躍中の彼らの中でも“体脂肪率4%”という驚異の肉体を持つのが、「好きなジャニーズJr.2018」2位の岩本照だ。長身揃いのSnow Manの中でも一際背が高い岩本は、とにかく舞台栄えする。舞台でのパフォーマンスは、常に真剣そのもの。高度なアクロバットもお手の物で、時に鬼気迫る勢いを見ることもあるほどだ。一方で、笑った時にクシャッと崩れるかわいらしい笑顔のギャップもたまらない。『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演した際には、話を振られる度に爆笑したり、メンバーたちのトークをニコニコ見守ったり、柔らかな表情を見せてくれた。昨今では、『SASUKE』(TBS系)や映画『少年たち』への出演など、次々に活躍の場を広げている岩本。2019年のさらなる躍進に期待だ。

■“色気”を放つオールラウンダー SixTONES 松村北斗

 オリジナル曲「JAPONICA STYLE」のMVが滝沢秀明のMVプロデュース第一弾となったり、「YouTubeアーティストプロモ」キャンペーンに抜擢されたりと、活躍の場を広げるジャニーズJr.ユニット・SixTONES。個性豊かなメンバーが揃っており、今最も注目を集めているジャニーズJr.たちと言っても過言ではない。メンバーの中には、京本政樹を父に持つ京本大我や田中聖の弟である田中樹がおり、彼らに話題が集まることも多いが、4位にランクインした松村北斗を忘れてはいけない。数ある彼の魅力の中でも、ファンが口を揃えて言うのが“色気”である。実際、「好きなジャニーズJr.2018」の中でも「美しい」「ダンスがエロかっこいい」という意見が見受けられる。たしかに松村は、23歳とは思えない色気の持ち主。ぜひYouTubeにアップロードされているSixTONESのパフォーマンスを見ていただき、松村に注目してみてほしい。顔の角度、目線、表情、歌声……隙なく彼の艶やかさを感じられるはずだ。さらに、松村はこれまで『ぴんとこな』(TBS系)、『SHARK』(日本テレビ系)、映画『坂道のアポロン』など演技の仕事も多数こなしている。歌、ダンス、演技、とオールマイティに活躍する松村に、この先も注目だ。

■無邪気さと甘いルックスが心をくすぐる Travis Japan 松田元太

 Sexy Zoneの弟分ユニット・Sexy 松を覚えているだろうか。Sexy Zone・松島聡とジャニーズJr.の松倉海斗、松田元太の3人からなるユニットだ。その松田は、現在松倉とともに、ダンスが得意なメンバーの集まるジャニーズJr.ユニット・Travis Japanに加入し活動をしている。Travis Japanでの活動が板についてきた松田は、「好きなジャニーズJr.2018」10位にランクインした。松田は一見すると甘いマスクの王子のようなルックス。ダンスも歌もそつなくこなし、マルチな才能を感じさせる。だが、ライブMCや『ジャニーズJr.チャンネル』内の動画を見ると、その印象は一転。カメラの前で全力でおどけ、常に笑いを提供してくれている。多くのファンをときめかせるルックスと、思わず愛でたくなる無邪気さが、松田の武器。彼の名前がより多くの人に広がっていくことを願う。

 この3人をはじめ、人気のジャニーズJr.たちはとにかく個性豊か。しかも、自分の武器をしっかり持っている。彼らの中に、次世代のスターになるメンバーがいるかもしれない。ぜひ、お気に入りのメンバーを見つけてみてほしい。(高橋梓)

アプリで読む