Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

重岡大毅、『ストロベリーナイト・サーガ』共演の亀梨和也と大はしゃぎ 「かっこええな~」

リアルサウンド

19/4/3(水) 18:00

 4月3日、東京・ユナイテッドシネマお台場にて4月11日よりスタートするドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)の完成披露試写&制作発表会が開催。二階堂ふみ、亀梨和也(KAT-TUN)、宍戸開、中林大樹、重岡大毅(ジャニーズ WEST)が登壇した。

【写真】重岡大毅とふざけ合う亀梨和也

 ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した姫川玲子(二階堂)と、年上の部下である巡査部長・菊田和男(亀梨)が姫川班のメンバーとともに数々の難事件に立ち向かっていく本格刑事ドラマ。竹内結子主演でSPドラマ、連ドラ、映画化された人気シリーズが、キャスト・スタッフを一新して帰ってくる。

 客席後方から、列車を成して姿を見せた姫川班。ふだん“女性は二階堂だけ”の現場にいるという亀梨は、観客を前に「女性たちの前に立てて光栄です」とジョークを交えて挨拶。姫川の一番弟子を演じる重岡は「も~う、はよ観てほしい~!」とのっけから絶好調のスマイルを光らせた。

 先輩である亀梨との共演は「安心感がある」と重岡。だが亀梨は、初日からスタッフや共演者と仲睦まじく話している重岡を見て「みんなと共演したことがあるんだ」と思ったそう。ところが2日目に「何度目の共演?」と聞いたら「(軽い口調で)はじめてっす」と言われたと、後輩のコミュニケーション能力に脱帽。舞台挨拶登壇前にも重岡から「緊張してるんすか~?」と声をかけられたと暴露するも、「現場の雰囲気も彼(重岡)が盛り上げてくれる」と称賛した。

 また宍戸は、二階堂が“ひとり旅”好きであることを知って驚いたといい、「どんなところに行くの?」とインタビュー。二階堂は年始にブータンへ旅行に行ったことを明かし、行き際の決め方については「地球儀回して、(指を指す素振りをしながら)ここって」と答えると、亀梨は「そんな所さん的なノリで決めてんの!?」と白い歯を見せた。

 また亀梨の意外な一面について、二階堂は「思った以上に気さくで、ふざけてくれたり、おちゃめだったり」とにっこり。それに頷く中林が「クールやと思っていたけど、こんな楽しい方だと思わなくて。それで、キメるところキメるしな~」と話すと、その横でスタイリッシュにポーズを決める亀梨に、「かっこええな~、KAT-TUNの部分出てるなぁ」と重岡も大はしゃぎだった。

 平成最後、令和最初の木曜劇場となる本作。亀梨は自身の名前の“和”が入ったことを喜ぶも、「姫川玲子の“玲”。僕の役名も菊田“和”男と言うので、なんかいいなって」と語ると、「フジテレビ的にも沸きまして……」とMCの渡辺和洋アナ。フリップで“玲和”と掲げられるのを見て、自身がネタバレしてしまったことに気づいた亀梨は「芸歴20年を超えるのに何をやっているんだ」と肩を落とす。

 一方、重岡は「自分が生まれ育った“平和”が……」と話し始めるも「“平和”ちゃうわ」とひとりツッコミ。亀梨が「どこからいらしたんですか? 違う星ですか?」とニヤつくと、重岡が「平成です! 平成が終わるってへんな感じがしますけど、切り替わる瞬間は忘れないんだろうな」と答えるなど、終始仲良しモード全開だった。

 イベントでは「全問一致を目指せ! 姫川班の団結度チェック診断」と題した2択クイズも行われ、二階堂が現場にスクワットマシーンを持参したことや、「みなさんの気分が和らげばいいな」と亀梨が桜の木を差し入れたことなど、撮影にまつわるエピソードが明かされた。

 そんな中、「ついつい話が盛り上がってしまうのは?」との問いで「男子校ノリのトーク」で全員一致。すると中林が「実際にありましたよね。クランクインの日に雨が降ってバスで待機していたときに修学旅行の男子校みたいなノリで。ちょっと際どい話とかもしていて、ふみちゃんが入ってきたらみんなパッて(姿勢を正す)」と告白。亀梨も「“初めまして”だと男子校トークが一番共通(の話題)」と言い、重岡が「少年に戻りますからね」としみじみ語ると、亀梨が「少年に戻るって、どんな感じ?」と、まさかのムチャぶり。戸惑いながらも「おやちゅ(つ)ちょーだいっ!」と渾身の一発芸を披露した重岡は、大歓声に包まれながら「こわこわ、パワハラ?」と言いながらも「楽しっ!」と嬉しそうだった。

 最後に挨拶を求められた二階堂は「緊張感のあるおもしろい作品なので、楽しみにしてほしい」と、自信の表情。亀梨は「この時代に、すごく攻め込んでいる作品。シリーズとして新たに歩みを進める中で、よりたくさんの方に愛してもらえるよう撮影に挑んでいきたい」と語り、舞台挨拶を締めくくった。

(nakamura omame)

アプリで読む