Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

©2018「ハード・コア」製作委員会

山田孝之×佐藤健×荒川良々『ハード・コア』 山下敦弘監修のDC版予告公開

CINRA.NET

18/10/3(水) 17:00

山下敦弘監督の映画『ハード・コア』のディレクターズカット版予告映像と新たなポスタービジュアルが公開された。

11月23日から公開される同作は、狩撫麻礼作、いましろたかし画の漫画『ハード・コア―平成地獄ブラザーズ』の実写映画版。世間に馴染めず群馬の山奥で怪しい活動家と埋蔵金堀りをしている右近と、同じ埋蔵金堀りの仕事に従事している心優しい友人の牛山、右近の弟で、2人を見守る商社マンの左近の3人の前に謎の古びたロボット・ロボオが現れたことから、彼らの人生を一変する一大事が起こる、というあらすじだ。右近役に映画のプロデュースも手掛ける山田孝之、左近役に佐藤健、牛山役に荒川良々がキャスティング。

山下監督が監修、制作したディレクターズカット版予告映像では、右近が左近の首を掴みながら「あいつは機械なんかじゃない、俺と牛山の仲間なんだ」と言う場面、右近を殴った左近が「間違ってるのが世の中だろうが」と吐き捨てるシーン、「間違ってることを間違ってるって言って何が悪い!俺はちゃんと生きたいんだよ!」という右近のセリフに加えて、女性の下着を着た牛山、松たか子演じる謎のOLの姿などが確認できる。Ovall feat. Gotchによるエンディングテーマ“なだらかな夜”も聞くことができる。

今回の予告編について山下監督は「映画『ハード・コア』の魅力をひとつの予告編に絞ることなんて出来ない!と思ってしまい、自ら予告編を作ってしまいました。自分自身で予告編を作るのはこれが最初で最後だと思います」とコメント。

また同じく山下監督が自ら手掛けた「昭和レトロ風」のポスタービジュアルには、「家族なんていらねぇ、俺たちは空だって飛べるんだ…」というキャッチコピーと共に、右近、左近、牛山、ロボオの姿などが写し出されている。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play