Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

ちゃんもも◎

バンもん!大桃子サンライズが小説家に、デビュー作は「嫌いな人物像」描くサスペンス

ナタリー

18/9/10(月) 17:00

バンドじゃないもん!の大桃子サンライズがちゃんもも◎名義で執筆した初の小説「刺激を求める脳」が9月27日に発売される。

「刺激を求める脳」は芸能界の人間模様を主体に描かれるサスペンス小説。ちゃんもも◎は本書について「私の嫌いな人物像たちで織りなすヒューマンドラマであり現代社会で起こり得るリアルファンタジーのつもりで書きました。誰しもの脳の中にある、あなたしか知らない屑の扉をトントンっとノック出来たら、嬉しいです」とコメントしている。

ちゃんもも◎コメント

「貴方の目の前で死んでやる。」
この物語は、少しどこかおかしな人間たちが、独特の恋愛観や人生観を軸に
織り成す、人間模様を主体にしたドラマです。
意思を持たずに面倒なことを避けて生きてきた男の人生と、欲しいものは
必ず手に入れる強い意思を持った女たちの物語。
東京で生きる私たちは皆、屑であり、純粋である。心はピュアだからこそ、真意の欲望が存在し、行動に移していく。一見、順風満帆な毎日を送る人々の、社会との不調和、抑えが効かない衝動と、刺激を求める脳。
インスタ映えする充実したストーリーの裏に、潜在的に誰もが持っている隠された屑の部分に焦点を当てた、私の嫌いな人物像たちで織りなすヒューマンドラマであり、現代社会で起こり得るリアルなファンタジーのつもりで書きました。誰しもの脳の中にある、あなたしか知らない屑の扉をトントンっとノック出来たら、嬉しいです。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play