Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

立花理香が自作詞曲で掴んだ“達成感” 「思いついたらやってみようという姿勢になれた」

リアルサウンド

18/8/30(木) 18:00

 声優・立花理香が8月29日に2ndミニアルバム『LIFE』をリリースした。同作はデビュー作となった1stミニアルバム『Flora』の力強い印象から一転、“素の立花理香”が出た作品に仕上がっている。

 リアルサウンドでは前作に引き続き立花にインタビューを行い、自身が感じる成長や、初めて挑戦した作詞での手応え、作品に忍ばせた数々の私生活や趣味、などについて、じっくりと話を聞いた。(編集部)【※インタビュー最後にプレゼント企画あり】

 「私の普段の朝のイケてる部分だけを抽出してもらった」(立花)

ーー前作『Flora』はデビュータイミングということもあって、かなり気合いも入っていたと思うのですが、今作を聴いた時、どこか自信や余裕のようなものを感じました。

立花:前回は本当に手探りで、リリース直前まで「みんながどういう反応をするんだろう」という緊張の方がすごく強かったんですよ。でも、今回は早く聴いていただきたいし、発売日が楽しみに思えていますね。前作のようなカッコいい曲やコンセプトのアルバムを、色々なイベントで歌わせていただいたりする中で、皆さんが私が想像してなかった反応をしてくださったのもすごく新鮮で。

ーー前作リリース時には、「就活で自己PRをするような感覚」と話していましたが、3月のイベントではそんな自分を見つけたかのように振る舞っていたように感じました。

立花:確かに「あまりガチガチに作り込まなくていいのかもしれない」と改めて感じたし、肩の力が抜けたところはあったんです。「デビューさせていただくからにはうまくやらなきゃ」とか、自分の中の理想みたいなのもあったりしたんですけど、皆さんの反応を見たり感想を受け取る中で「あれ? こうじゃなくてもいいのかな」とか、自分で気づいてなかったところを好きと言っていただけたりとか。色々受け取ったうえで、感謝や楽しかった気持ちを何かでお返ししたいとは思ったんですよ。それを歌詞にしてみたくて、「今回作詞させてください」という話をして、作品づくりに繋がっていきました。

ーー今作での作詞は、ご自身で志願したものだったんですね。

立花:前回のリリースイベントの会場で「いつか歌詞とかも書けたらいいね~」みたいにふわっと話はしてたんです。でも、今回の作品に収録する曲の候補を聴いていったなかで、「TUNE UP」のデモ曲を聴いたときに「この曲の歌詞を自分で書けたら、感謝の気持ちも伝わるのかな」と思って、「これを書かせてください」と言ったことがきっかけになりました。

ーー全体のコンセプトは“LIFE”ということですが、これはどのように決まっていったんですか?

立花:前回がカッコいい感じの作品だったので、今回は身近に感じて欲しくて『LIFE』というコンセプトとアルバムタイトルにしました。イベントでは色々なハプニングもあったんですけど、それも一緒に楽しんでいただいているファンの皆さんを見て、素に近い自分を作品で出してみるのもいいかな、と思ったんです。

ーーそのコンセプトにふさわしい作品になっていると思います。立花さんのパブリックイメージにもピッタリですし、楽曲は今回も中土智博さんが統一感のあるアレンジを施していますね。

立花:今回も相談に乗っていただきましたし、2度目のタッグというところで、よりふざけてもらったところもありました(笑)。そういえば、中土さんから今回の2枚目のアルバムを振り返ってお話をしていた時に「どこかのタイミングで歌の感じが変わったよね。今までにないニュアンスをつけてきたりしたけど、何かあった?」って聞かれたんです。自分で作詞した曲をレコーディングしたのが割と早い順番だったんですけど、その辺りから変わったように見えたみたいで。

ーー個人的にも「Brand New」を含む頭3曲を聴いて、前作とは全然違う印象を受けました。キャラソン的な演じる歌い方と、素の歌い方の中間で、自然体でもあるんだけど可愛らしさもあるような。

立花:嬉しい。確かにそうかもしれませんね。今回のレコーディングでは、前回ほど「曲のそれぞれに主人公を立てて考える」ということをしなかったんですよ。それに、以前までだったらファルセットにして音を当てにいってたところを、少し違う歌い方に変えて、違うところから声を出してみたら意外とハマったり。

ーーそういう「選択肢が増えた」感覚は大きかったんでしょうね。

立花:自分のなかにあったけど使えなかった表現という意味では、開けられる引き出しが増えた、みたいな感覚が近いのかもしれません。キャラソンのレコーディングで「ニュアンスをこうしてください」というディレクションを受けて悩むことも多かったんですけど、ソロデビュー以降は、同じことを言われても「なるほど!」と自分のなかで理解できるようになったりしました。あと、自然体にできるといえば、私の私生活や日常に触れてもらえるようなコンセプトで作っていて、作詞家の方にも私の話をヒアリングしていただいた上で歌詞を書いてくださったのも大きいと思います。

ーーそれが良い方向に作用していますね。

立花:我ながらいいコンセプトでしたね(笑)。

ーーご自身の私生活をお話ししてそこから歌詞を書いてもらうというのは、立花さんが作詞された曲以外はすべてそうなのでしょうか。

立花:そうですね。例えば「Brand New」だと、「朝仕事に行く時は、かならず音楽を聴きながら行きます」という話を歌詞の中に入れていただいていたり。

ーー「Brand New」はなんというか、すごくイケてる女性像を描いた歌詞ですね。

立花:(指を鳴らしながら)そうなんです。私の普段の朝のイケてる部分だけを抽出していただきました(笑)。前作もそうだったんですけど、私の中身を知ってくださってる方が聴くと思わず笑ってしまうような歌詞だし、初めて知ってくださる方には「そういう人なんだ」と受け取っていただけるような曲になっているんですよ。

「『アウトレイジ』を観てストレス発散」

ーー続く「Shining Memory」は、少し激しいけど「Brand New」で受けた明るさが引き続き残っている、という印象です。

立花:曲自体はすごく明るいし、キラキラもしてるんですけど、歌詞の内容はすこし強い人を描いてもらいました。

ーーMVにもその強さと明るさがハッキリ表現されているように感じました。色味もかなりファッショナブルで。

立花:MVはあからさまに“インスタ映え”を狙いましたね(笑)。とにかく“映え”る生活を送ってみたいという願望を詰めていただきました。

立花理香 / Shining Memory(Short Ver.)

ーーここまでサムネイルから“映え”てるMVもなかなか無いですね(笑)。この曲を聴いて印象に残ったのは、前作で多用していた粘っこい歌い方が、もう少し疾走感も加わったものにアップデートされていることでした。

立花:主人公を自分のなかで立てるようにしなくなったからこそ、色々試してみようという欲がどんどん出てきているんです。やってみてダメだったら中土さんから「これはこうした方がいいよ」とアドバイスもいただけるので。

ーー挑戦が許される環境ができてきた、ということですね。ライブでもスタッフさんから「ご自身でどんどん意見を言っていくタイプ」と暴露されていましたが、ようやく言える環境が歌手というフィールドにおいても整ってきたんでしょうか。

立花:そうですね。「MY SWEET UNIVERSE」でも、「こういうコール入れてみたらどうですか?」みたいに提案させていただいたり、自分の中での欲がいい意味で出てきていると思います。

ーー「MY  SWEET UNIVERSE」はトロピカルでアッパーな楽曲なうえ、先ほどのお話にもあったようにコーラス使いにも遊びが効いていますね。

立花:全力で遊びました! 「ちょっとこういうコール入れたいんですけど」というものをたくさん提案して、なかには「さすがにそれはギャグになっちゃうからNG」というものもあったり……(笑)。

ーーボツ案もあったんですね。とはいえ結城アイラさんの書いた歌詞はそこまではっちゃけてはいない、という対比も面白いです。

立花:これは私の二次元に対する愛を、結城さんがうまく拾い上げて書いてくださったんです。この仕事をするようになったのは、ゲームやアニメのような二次元が好きだったからなので、それも私生活の一部だなと思って、歌詞に入れ込んでいただきました。なので〈イタい〉という言葉もあえてそれっぽく表記しているんです。

ーーなるほど。そういう意味では、松井洋平さんが作詞、俊龍さんが作曲を手がけた「KOTO-DAMA」はどうでしょう?

立花:バチバチにカッコいいんですけど、「あまりたくまし過ぎない塩梅でやっていきましょう」とは話しました。ファイターじゃなくて、ヒールで戦うみたいなイメージというか。歌詞については、私のストレス発散法が元になっていて。私、じつはアウトローな映画を観てストレスを発散するんですよ。『アウトレイジ』とか。そういうのが好きなんですとお話ししたらすごく盛り上がって、この曲ができました。自然体とはいえ、いわゆる女の子っぽいだけのものにはしたくなくて、カッコいい一面も入れたいなと思っていたので、ちょうどそこにハマってくれました。イメージは完全に夜の新宿なんですよ。田舎から東京にやってきて、夜の都会をヒールを履いて歩く女を想像しながら聴いてください(笑)。

ーー『アウトレイジ』が好きということですが、それは邦画の任侠ものが好きということですか? それとも洋画のマフィアものも見たり?

立花:邦画の任侠ものが多いですね。『極妻(極道の妻たち)』とか。ちょっと背筋が寒くなって「いい子にしよう」と思えるし、やる気にもなるんです(笑)。

ーー面白いストレス発散法だったので、思わず掘り下げてしまいました(笑)。ここから自作詞の2曲についても聞いていきたいのですが、デモを聴いて歌詞を書きたいと志願した「TUNE UP」は明るいギターロックですね。どのような流れで歌詞を書きましたか? 例えばサビから書いた、とか。

立花:最初に曲を聴いた段階で、サビのフレーズは出てきたんです。あとは文章というより、音に嵌める形で歌詞を作っていきました。とはいえ曲として成立させたかったので、“LIFE”というテーマに沿って「お出かけをして、ちょっと見つけたお店に入る」ような感じを意識しています。

ーーサビのフレーズは、立花さんの初作詞曲とは思えないくらい、キャッチーな言葉が並んでいます。音が繰り返されるところは言葉がリフレインしていたり、おいしいフレーズに気持ちいい言葉がしっかり入っていたり。

立花:歌って踊った経験があるので、音がハマった瞬間の気持ち良さがわかったし、自分の歌詞でもそういうフレーズを書きたいと思ったんです。それに、自分の歌なので、「この高さでこの音を出すのは好きだけど、こっちは苦手だな」というのを理解した上で書けるので、自分が一番気持ち良く歌える歌詞になったんですよ。

ーーとはいえ初めての作詞なので、修正が発生したり、歌いながら直したり、みたいなこともあったんじゃないですか?

立花:歌いながら直した箇所はいくつかありますね。語尾の言葉で迷ってるところは、何パターンか歌ってみて良かった方を採用したり。そういう意味では自分で書くのは良いなと思いました。直した箇所はこの辺なんですけど……(『広島東洋カープ 新井貴浩学習帳』を取り出して開く)。

ーー新井さんの学習帳ですね。

立花:私のアーティスト活動を共に過ごしてくれてるノートなんですけど、歌詞も最初はこれに書いていたんです。

ーー確かに、読んでみると最初から現在まで歌詞がほとんど変わってないですね。

立花:そうなんですよ。音の高さを記号みたいなので書いて、それに文字を嵌めていきました。私、どうやら「手」と「風」ってフレーズを使いがちみたいで。その辺りはあとで調整しました。

ーーそのノートに書いてるせいなのかはわかりませんが、〈ルーレットを回して〉とか〈この手で掴むんだ〉というフレーズが、プロ野球選手の応援歌に思えてきました。

立花:おお、そうなんですよ! それは私の夢でもあるんですけど、野球選手がホームゲームで打席に入るときに、自分の曲が使われたら最高だなと思っているんです。今回の曲はそういう要素も入れられるなと思って、応援歌っぽいフレーズも使いました。ちなみに2番には〈Change Up〉という歌詞も入っています(笑)。

ーーひっそり球種も忍ばせてたんですね。

立花:ワンチャン狙ってます! それに、感謝の気持ちを伝えるうえで、聴いてくださる方から「元気が出た」と言ってもらえたら嬉しいなと思ったので、応援歌っぽいフレーズが入ったことで、より色んな捉え方をしていただけるようになったのかもしれません。

 「難しく考えず、フレーズで遊べばいいんだと」

ーー新井さんの学習帳からここまで広がるとは思いませんでした。最後の「flowery night」は前作ラストの「gradation」にも近いテイストを感じました。こちらも立花さんが作詞を手がけていますが、2曲目を作詞することになった経緯とは?

立花:1曲目を書き終えたとき、すごく達成感があったんです。普段声優の仕事をしてると、収録が終わった段階と皆さんのお耳に届くタイミングでズレがあるので、すこし遅れて達成感を味わうことが多くて。自分で何か書き終えた、ひとつのことをやり遂げたというわかりやすい達成感は、想像以上に気持ちよかったんですよ。そうして作詞の悦びを知ってしまったので、この「flowery night」にまだ歌詞が付いていないと聴いたとき、すかさず「書いてもいいですか?」と立候補しちゃいました。

ーー「TUNE UP」はリズムも単調で拍子もわかりやすいぶん、言葉を乗せやすいと思うんですが、「flowery night」は音数も多いですしメロディが強いので、作詞は苦戦したんじゃないですか?

立花:そうですね。音にハマる言葉が「TUNE UP」ほどすぐに出てこなかったので、すごく悩みました。

ーー結果的になにがきっかけとなって、作詞が進んだのでしょうか。

立花:この歌は「おやすみなさい」をテーマにした一曲なんですけど、実は私が作詞したいと立候補する前に、スタッフさんと「寝る前に何をする?」という話になったんです。でも、寝る前に何をするか話すのってちょっと恥ずかしくて。「まあ……晩酌して、そうですね……うーん……寝ますかねー!」みたいに照れながら話をしてたんです。説明するのが恥ずかしいから自分で書こうと思ったのも、作詞をすることになった理由の一つです(笑)。

ーー寝る前に、という意味で見直すと、何やら訳ありげな歌詞ですが……。

立花:私、きなこちゃんっていうハムスターちゃんを飼ってるんですけど、寝る前にケージをお掃除したりとか、可愛いねって言ってひとしきり遊んでから寝るのがすごく幸せなんですよ。なので歌詞にはその愛を詰め込みました。とはいえ、なかなか言葉が嵌まらなくて、「flowery night」に関しては数字で歌詞を書きました。

ーー数字、ですか。

立花:川柳とか俳句みたいな感じです。「ここは『4』『4』『7』だから、その文字数に合った言葉を文章っぽく」というのを、流れやつながりも考えながら組み立てていきました。

ーー良い意味で文節がハッキリ切れてるからこそ、スタイリッシュで切ない歌い方に繋がっているような気がします。

立花:音と一緒に言葉を切る、ということはすごく意識しました。

ーー前作は“歌手・立花理香とは?”というテーマを掲げて、最後の「gradation」で自分を見つける、という綺麗な流れができていましたが、今回の制作を通して感じたこととは?

立花:不安は全くなくなりましたし、色々やってみて、ダメならダメと言っていただける環境なので、思いついたらとりあえずやってみようという姿勢になれたのは、大きな心境の変化だと思います。

ーーちなみに、立花さんの今回の作詞に影響を与えたと思う音楽があれば、教えて欲しいです。

立花:ちょうど「TUNE UP」の作詞をしているとき、aikoさんの「ストロー」がすごく頭に残っていました。歌詞ってストーリーを考えて、言いたいことがなくちゃいけない、とか色々悩んでいた時期に、同じ歌詞を何回もリフレインするあの歌を聴いて、そんなに難しく考えず、フレーズで遊べばいいんだと思ったんです。あれ、今のすごくアーティストっぽくないですか!?(笑)。

ーーアーティストっぽいです。

立花:やった! あと、Berryz工房さんの「1億3千万総ダイエット王国」も私の中にずっと残っている曲ですね。ハロプロはずっと好きなんですけど、歌詞と音の合わさった瞬間の面白さ、気持ち良さが本当に良いなと思っていて。

ーーハロプロのように、奇をてらいながらポップな音楽が立花さんから出てくることも楽しみにしています。ワンマンライブも近づいてきましたが、前回はいわゆるタレント的な一面とアーティスト的な一面の両方を楽しむことができるものでした。今回は持ち曲も増えましたし、ストレートにライブとして成立させる予定なんでしょうか?

立花:そういう方向で頑張ろうと思うんですけど、とはいえ立花理香のライブなので、来てくださる方に楽しんでいただける仕掛けはあるんです。楽しみにしててください。

ーーライブは二部制のようですが、二部には「打ち上げパーティ」と書かれています。

立花:「この日は絶対、ビールが美味しいと思うんですよ」と話していたら、「じゃあみんなで打ち上げやったら楽しくない?」という意見が出たので(笑)。よく「打ち上げパーティって何するんですか?」って聞かれるんですけど、「逆に打ち上げってどういうことしてます? そういうことです」と答えてます。あと、こういうライブやイベントの後って、遊びに来てくださった皆さん同士で打ち上げに行って、その報告がリプライとかで飛んでくるじゃないですか。それがめちゃくちゃ羨ましいんですよ。毎回一人家で晩酌しながら「ぐぬぬ……」となっているので、今回は私の方から呼んでみました(笑)。

ーーでも、こうしてライブから打ち上げまでトータルでパッケージングされているのは、ファンにとってはありがたいことこの上ないと思います。

立花:今回は一部だけでも二部だけでも楽しんでいただけるように考えていますが、できれば1日通して楽しんでいただけたら嬉しいですね。

(取材・文=中村拓海)

■リリース情報
立花理香 2ndミニアルバム『LIFE』 
発売:2018年8月29日(水)
価格:CD+DVD ¥3,000+税 

<収録内容>
【CD】
01. Brand New
02. Shining Memory
03. TUNE UP
04. MY SWEET UNIVERSE
05. KOTO-DAMA
06. flowery night

【DVD】
Shining Memory Music Video
Shining Memory Music Video メイキング映像

■ワンマンライブ情報
日時:2018月9月2日(日)開場14:15 開演:15:00
会場:TSUTAYA O-EAST
座席:全自由(整理番号付き)
チケット代:¥5,800(税込)※入場時ドリンク代別途必要
https://sp.riccarika.com/

 ■関連リンク
レーベルサイト
OFFICIAL FAN CLUB
オフィシャルブログ
Twitter

立花理香 サイン入りポスタープレゼント

立花理香のサイン入りポスターを3名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

応募方法

リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド公式Twitter

応募期間:9月13日(木)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play