Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

篠原涼子が反抗期の芳根京子に仕返し? 『今日も嫌がらせ弁当』特報映像&ティザービジュアル

リアルサウンド

19/2/20(水) 6:00

 篠原涼子主演映画『今日も嫌がらせ弁当』より、ティザービジュアルと特報映像が公開された。

参考:映像はこちら

 本作は、2015年に『Amebaブログ』デイリー総合ランキング1位を獲得し、エッセイ異例の累計発行部数20万部を記録した同名原作を実写映画化するもの。実話をベースに、不器用な母娘の関係性を描く。

 篠原が演じるのは八丈島に暮らす主人公のシングルマザー・持丸かおり。反抗期の娘・双葉を芳根京子が演じるほか、かおりのブログ愛読者で一児のパパ・信介役を佐藤隆太、双葉の姉・若葉役を松井玲奈、双葉が密かに想いを寄せる同級生・達雄役を佐藤寛太が務める。『僕たちと駐在さんの700日戦争』『レオン』の塚本連平が監督・脚本を務める。

 ティザービジュアルでは、海沿いの道路でフライパンを手にして仁王立ちする篠原の姿が。「お弁当に込められた母からのメッセージとは」とコピーが添えられている。

 公開された特報映像では、「あなたがそういう、嫌な態度をとるなら、私もあなたが嫌がることをします」と宣言する篠原と、眉間に皺を寄せ、冷たい視線を送る芳根の関係性が描き出される。生意気な態度で何を聞いても返事すらしない娘に対してとった母の行動は、“嫌がらせ弁当”。木工用ボンドや貞子、そして時にはお説教のメッセージが施され、校内ではクールで知られる双葉にはかなり恥ずかしい“嫌がらせ弁当”に苛立ちをみせる。部屋に引きこもられても、暴言を吐きかけられても、娘と向かい合い、3年間毎日作り続けたお弁当は、やがて会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていく。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む