Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「笑顔の向こうに」会見の様子。左から安田聖愛、高杉真宙。

高杉真宙「うれしい出発」と歓喜、「笑顔の向こうに」がモナコで最優秀作品賞に

ナタリー

18/12/8(土) 11:34

「笑顔の向こうに」が第16回モナコ国際映画祭で最優秀作品賞にあたる“エンジェルピースアワード”を受賞。主演を務める高杉真宙、ヒロイン役の安田聖愛が12月7日に東京都内で報告会見に出席した。

日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科技工士の道を歩む若者の成長を描いた本作。高杉が“王子”と呼ばれ、高い評価を受けている歯科技工士・大地、安田が大地の幼なじみで新人歯科衛生士の真夏を演じた。同作からは丹古母鬼馬二も第16回モナコ国際映画祭で助演男優賞を受賞している。

映画祭への参加が叶わなかった高杉。この日はトロフィーを手に会場に現れ「モナコに行けなかったので、東京で報告を受けました。なかなか実感が湧きませんでしたが、トロフィーをいただいて、やっと、本当にこの作品が最優秀作品賞を受賞したのだと、モナコから飛行機に乗ってここにトロフィーがあるのだと、重みを感じました」と喜びのコメント。

一方、帰国したばかりの安田は「作品名が呼ばれた瞬間は、本当にこの作品が選ばれたのかな?と疑うくらいでした。ステージに上がってスピーチを始めたとき、実感がこみ上げてきて、感動しました。丹古母さんは、非常にユニークな方なので、モナコでも彼のシーンで笑いが起こっていました」と映画祭の様子を明かした。最後に高杉が「日本の作品が海外の方に認めてもらえたのはうれしかった。うれしい出発、いいスタートを切れた本作と一緒に、これからもがんばっていきたいと思います」と語り、会見は幕を閉じた。

本作が長編デビューとなる榎本二郎がメガホンを取った「笑顔の向こうに」は、2月15日より全国のイオンシネマにて公開。

(c)公益社団法人日本歯科医師会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play