Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

卵の中から現れた堀未央奈(中央)。

女優・堀未央奈が“卵”から誕生「ホットギミック」完成披露に板垣瑞生らキャスト集結

ナタリー

19/6/12(水) 20:39

6月28日公開の映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」の完成披露が本日6月12日に東京・バルト9で開催され、堀未央奈(乃木坂46)、清水尋也、板垣瑞生(M!LK)、間宮祥太朗、山戸結希監督が登壇した。

本作は相原実貴による少女マンガを実写映画化した青春ストーリー。堀演じる平凡な女子高生・成田初が、同じマンションに住む3人の男性との恋に思い悩むさまが描かれる。

イベント冒頭、男性キャストと山戸が立つステージの中央へ、巨大な“卵”が運び込まれる。そして登壇者たちがその殻を勢いよく破り中から堀が飛び出すと、会場は拍手と歓声で満たされた。

間宮の「生まれましたね」というコメントを受けて、堀は「生まれました!」と弾けんばかりの笑顔を見せ、「卵の中にいるときは乃木坂46のライブ以上に緊張して、どうしよう……と思いました。でも楽しく誕生できました」と心境を明かす。そんな彼女の姿を見て、劇中で兄を演じた間宮は「涙をこらえるのに必死。今、気丈に振舞っています」と感慨深げに話した。

本作で映画初出演にして初主演を務めた堀について、清水は「堀未央奈という女優の最初の作品に携われて幸せ」、板垣は「現場での堀さんはすごい人だった。また共演できる日が楽しみです」と思い思いの言葉で堀へメッセージを送る。最後にマイクを握った山戸監督は「ティーンムービーだから、女の子向けの映画だからという妥協やおごりは一切なく、スタッフやキャストが尽力して作った映画です」と感極まりながら挨拶し、「日本の女の子には新しい青春映画や恋愛映画が求められていると思っています。上の世代任せではなく、私たち新しい世代が日本の女の子のための新しい青春映画を誕生させられてうれしく思います」と語った。

最後に堀が「いろんな方にいろんな形で届くメッセージ性が強い映画。女の子に第一に観てもらいたいという思いが強いです。初ちゃんという主人公の成長を皆さんで共感しながら観てもらえたらうれしいです」と観客に呼びかけ、イベントを締めくくった。「ホットギミック ガールミーツボーイ」は6月28日より全国ロードショー。

(c)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

アプリで読む